モテようとする魂胆が照れくさい。

モテようとする魂胆が照れくさい。

「こいつ、モテようとしているな」と察知される事への恐怖があるのです。ぼくは小学校低学年でメガネデビューした通称“メガネ・ネイティブ世代”なのですが、子どもの間ではどうしたってメガネはいじられる。世代によっていじられるアイテムは変動しますが、小学校低学年まではメガネでしょう。小学校高学年になるとエスパークスのペンケースがそれに当たります。とにかく、それくらいメガネはいじられる。

ぼくは当時青いメガネをかけてしました。正直全然覚えてないんですけど、友達と喧嘩する度に「青メガネ、しね!」って言われていた事は覚えているので、きっと青メガネをかけていたんだと思います。これでかけてなかったら、そいつが青メガネをかけてて青く見えていた可能性があります。とにかく、青メガネはいじられる。

そんな中、当時好きだった女の子に「メガネ無い方が、ええよ」と言われたのです。ぼくは耳まで赤くして即答しました。

「はっ、はぁ〜? うっ、うるせぇ〜んだよ!」

それから、ぼくはちょいちょい理由をつけてメガネを外すようになりました。

ほこりがついたと言っては、取り。

西日が眩しいと言っては、取り。

ドラクエやりすぎたわ〜、取り。

完全に脱着可能なメガネ使いとなったのです。しまいには、写真を撮るときに「フラッシュが反射するから」という謎の理由で外すようになりました。

高校生まで、ぼくは脱着可能なメガネ使いのまま成長しました。その頃は、もうメガネ使いとしては最盛期だったと言えます。ごく自然に、流れる様にメガネを外す事ができました。今はもう、あの頃の半分のスピードも出せないでしょう。若さというものは、それだけで価値があるのですね。

しかし、忘れてはいけないのはIQ。IQです。小学校と比較して、高校生はIQが高いのです。かしこ、です。かしこな同級生は、その熟練されたメガネさばきを見て言いました。「なにカッコつけてんだよwww」と。ぼくは心底ぞっとしました。肉眼で、追えている…?このスピードの脱着を?戦慄が走る。

コンタクトにしました。

コンタクト使い。これは闇の契約。コンタクトは疲れます。メガネとは比較にならないMPを消費する闇魔法。寝坊した時とか、ついついメガネで登校したくなる。でも、これは闇の契約なのです。今度は外している状態がデフォになっていますから、つけていると「なに気ぬいてるんだよwww」と言われます。一回「すっぴんwww」と言われた事があります。この時、ぼくは今後女性がすっぴんでデートに来ても、ローラよろしく「全然オッケー」と言うと誓いました。「すっぴんwww」はあんまりだ。

こうして、脱着不可能なアイテムを手にしてしまったのです。ベルセルクの、あの、黒い鎧的な。あの、吸い取られるし脱げない的な。そして月日は流れ、クラブでコンタクトを無くした夜がやってくるのです。

この続きをみるには

この続き:377文字
記事を購入する

モテようとする魂胆が照れくさい。

かっぴー

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートも嬉しいですが、よかったら単行本を買ってください!

36

かっぴー

月刊なつやすみ(月額390円)

漫画家かっぴーの、株式会社なつやすみのゆるい社長ブログです。漫画描いてて思った事などを書いてます。価格は390円(サンキュー)!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。