黒川

本を読みたいのはヤマヤマですが、読むスピードも理解力も全く追いつかない。
  • 表紙見て、あとがき読んで、数行目を通したら、だいたいわかる気がしてきた。 より深く理解するために、重さも測ることにする。
    13フォロワー

133「華氏451度」レイ・ブラッドベリ

168グラム。近未来、思想管理のために本が禁制となった国だ。民家に隠された本があると消防士の恰好をしたファイアマンがやってきて燃やしていくディストピア。ファイアマ...

132「墨東綺譚」永井荷風

114グラム。永井荷風の手にかかると蚊の湧くどぶさえも何か風流なものみたいに感じられるが、実際のところ口の中まで蚊が飛び込んでくるようなところで肌を脱ぐ仕事などし...

131「神曲 天国篇」ダンテ

地獄篇、煉獄篇、と順に読んできてようやく天国である。下世話な人間なので清いものよりはおぞましいものの方に興味深々ではあるが、やっぱり『地獄篇』だけでなく『天国篇...

130「挟み撃ち」後藤明生

161グラム。「内向の世代」とか「物語の拒否」とか言われるから、なにか退屈なものを読む羽目になるのか、と身構えつつ開いた。びっくりするほどおもしろかった。ああ、私...

129「ダブリナーズ」ジェイムズ・ジョイス

210グラム。『ダブリン市民』の方がなんとなく聞きおぼえあるような気がするが、新訳版では『ダブリナーズ』だ。行ったこともないのに、ダブリンの土地の匂いのしてくるよ...

128「晩年」太宰治

219グラム。20代で出した最初の作品集のタイトルに『晩年』とつけたうえに、冒頭から「撰ばれてあることの恍惚と不安と二つわれにあり」というヴエルレエヌの引用から入っ...