二人朗読劇『Helix』

阿:海を背中に学校を出れば、
吽:竜神さまはすぐそこに。
阿:山で囲った谷間にぽつり、
吽:竜の鏡はそこにある。
阿:ここは君が生まれた街、
吽:ここは僕が生まれた街、
阿:ここは、海と山しかない街。
吽:この君と僕が住む街で、
阿:二つの針が時を刻み始める。
吽:それは二つの心、心の臓。
阿:右手の法則と左手の法則、
吽:右周りの物理世界、
阿:左周りの心理世界。
吽:決して触れえぬ二つの時が、
阿:六時ちょうど、いまこの時に交差する。
阿吽:さあ行こう、無限に広がる鳥居を越えて!
阿吽:さあ行こう、二つの鏡が向きあう地平の先へ!
阿:鏡の中へ右手が伸びる。
吽:鏡の先の左手が伸びる。
阿吽:二人の指が絡む時、始まるは二つの世界の物語。
阿:物語が始まるいま……僕は君の手を強く握る!
阿吽:二人朗読劇『Helix』!!
阿:……割れた鏡の音が聴こえる。
吽:……世界が繋がる音が、聴こえる。

(Mゼロののち、開幕)

#逆噴射プラクティス

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

noraosamu

逆噴射小説大賞2018:エントリー作品収集

「逆噴射小説大賞」とは、ダイハードテイルズ出版局が主催し、社会派コラムニストの逆噴射聡一郎先生が審査員に加わる、コンテンポラリーで由緒あるパルプ小説大賞です。今回の本文文字制限は400文字以内です。しかしこれは「400文字以内で物語を完結すること」という意味ではなく「小説の...
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。