JAWS Days 2019 に参加してきました

ブログ初挑戦!
JAWS Days 2019 に参加してきました。2019のテーマは「満漢全席」。たくさんのメニューを揃え、参加者のみなさんにたくさんのおもてなしをしたいという想いから、今年のテーマを「満漢全席」としてそれに見合うようなイベントにしたいと運営メンバーと議論に議論を重ね、過去最大数のセッションとコンテンツにこだわろうと考えました。という趣旨のようです。

そもそも私は、クラウドとは対局の「携帯電話」、「無線の試験機器」、など硬物を扱う立場でした。それが何故クラウドなのかといいますと、国内の携帯電話市場が海外ベンダーに席巻され、新天地を求めてクラウド方面の勉強会に参加するようになり、楽しさに目覚めた感じです。
この経緯はあらためて書いてみたいネタとしてとっておきます。

で、JAWS Days 2019 について。今回 Jaws Days 2019 は3回目の参加です。今回、1900名の参加者で、過去最大だったそうです。

朝10時すぎでこの盛況。

今回はレシーバーが全員に配られます。トラックとトラック間がオープンなのでマイク音量を上げずに皆が聞こえるようレシーバーのチャネル切り替えて聴講できるようにした、主催者さんの工夫がうかがえます。

今回私が聴講したのは

10:10-11:00 今日から始めるCI/CD・・のためのAWSアーキテクチャ事始め

11:10-12:00 [初心者向け]EC2 T2インスタンスでつまずきやすいECUクレジット〜EC2でチャットボット作って運用でハマって学んだ話〜

お昼を挟んで。弁当すごっ!

13:10-14:00 IoT野郎が語り合う、IoTの今と未来、そしてエコシステム

14:10-15:00 コンタクトセンター業界 波乱注意報! Amazon Connectの本気を見逃せない

15:10-16:00 エンジニアが正しく成長するための、脱昭和&平成ワークスタイル

16:10-17:00 AWS All Stars

聴講で印象的だったのは、IoTセッションで突如、ウフル「八子」さんが前の席に座りTwitterで手厳しい質問を投げられてました。これがリアルタイムに観れた(笑

もう一つ、Amazon Connect セッション
まだまだ、機能的にはこれからだと思いますが、実際にAmazonのコールセンター向けに開発されたコンタクトセンターシステムがAmazon Connect としてサービス化されていること。これは、国内の通信事業者、コールセンターを生業にしている人たちからすると脅威なのではないでしょうか。私も含めて電話のありかたが問われる中、避けられない流れを感じ取れない人たちは「気がつけば置いてきぼりになる」ということでしょうか。

セッション終了後、懇親会に。とにかくすごい人人人。

たくさんのお知り合いにも再開できました。思えばクラウドの雲の中に飛び込んで約3年ちょっと。3年前は、アウェイ感満載、1人も知っている人がいないところからはじまり、やっと普通にお話させていただける人が増えてきたかなと、、、

なにより、1900人の始めの始まりのタネを植えた、小島さんに顔を覚えていただけたり、ツーショットOKいただけるなんて感無量です!(マジ)
ごめんなさい、写真フレームが見切れてました。


喜多さん、春藤さん おいしい画像ありがとうございます!
この黒いアヒルをプロモーションされていた人が、10年来お世話になっている携帯業界の重鎮の後輩だったというおまけまで!

何より、主催者のみなさま、運営スタッフの皆様のおかげで、学び、遊び、交流すべてセットになる Jaws Days 2019 でした。ありがとうございました。また来年も楽しみです。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3

norbor.221

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。