ノンフィクション作家神山典士

96年「ライオンの夢、コンデ・コマ=前田光世伝」で小学館ノンフィクション賞優秀賞。12年「ピアノはともだち、奇跡のピアニスト辻井伸行の秘密」で全国読書感想文コンクール課題図書。14年「佐村河内事件」報道で、第45回大宅壮一ノンフィクションン賞受賞。異文化、アウトロー、表現者を描く

TheBazaarExpress119、『ペテン師と天才~佐村河内事件の全貌』10章、メディアの狂宴

・いい加減な取材ならお断り

「佐村河内とは取材中に何回も喧嘩しました。彼は『徹底的に取材して本当のことを書いてくれ』という。『それができないなら取材してくれなくていい』と言うんです。こちらも喧嘩腰になって、『だったら徹底的に取材させてもらいます』と言い返しました。まるで私と勝負するかのようでした。その姿勢を見て、私は自分と似ているなぁと思ったものです」

ジャーナリストの塩田芳享が語る。塩田は2

もっとみる

TheBazaarExpress118、『ペテン師と天才~佐村河内事件の全貌』、9章、2つの三角形の完成、障害児とのかかわり

・お仕事は作曲家です

「はじめまして。佐村河内守といいます。守さんのお仕事は作曲家です。一緒に送ったDVDを見てくださいね」

2009年の初夏のこと。習志野市に住む大久保家に、一通の手紙が届いた。宛て先は、小学校3年生の長女、みっくんになっている。大きな封筒には、何枚かのDVDも入っていた。手紙はこう続いていた。

「守さんはみっくんだけのピアノ曲『左手のためのピアノ曲』を作曲してみっくんにプ

もっとみる

TheBazaarExpress117、『ペテン師と天才~佐村河内事件の全貌』、8章、交響曲第一番HIROSHIMA、最初の三角形の完成

・ゲーム業界とクラシック界

「近年、交響曲第一番に着手」

2001年1月11日発売の「鬼武者オリジナル・サンドトラック、交響組曲『ライジング・サン』」の二枚組CDに添えられたパンフレットに書かれたその言葉。

それこそが、佐村河内から新垣に与えられた次のミッションを予告する言葉だった。

佐村河内は「次は交響曲です」という言葉を、99年の段階でお茶の水のホテルに籠もって「ライジング・サン」を書

もっとみる

TheBazaarExpress116、『ペテン師と天才、佐村河内事件の全貌』7章、貧しくても好きな道を歩む幸せ~N極・早熟な才能

・驚愕のフルオーケストラ・スコア

―――この子の才能はどうなっているんだ。小学校6年生でオーケストラのフルスコアを書いてくるとは。しかも独学で20分もの曲だ。尋常じゃないな。

1982年のとある日、東京目黒にあるヤマハ音楽振興会目黒センターで指導教官をしていた作曲家の南聡は、千葉県船橋市の教室から送られてきたある子どものスコアを見て信じられない思いだった。

この頃南は東京芸大の作曲家コースの

もっとみる

TheBazaarExpress115、『ピアノはともだち~奇跡のピアニスト辻井伸行の秘密』青い鳥文庫版、あとがき

拝啓 辻井伸行様

 日本では山滴る季節となりました。

 今日はどこの旅の空ですか? 演奏会は順調に進んでいますか? お客様の反応はいかがでしょうか。各地で美味しいものを食べているのでしょうね。

 君の本を書かせてもらってから、5年の月日が流れました。あの頃君は世界での演奏旅行が始まったばかりで、いろいろな国の音楽祭や小さな街のコンサート・ホールで演奏を繰り返していましたね。

 それが今では

もっとみる

TheBazaarExpress114、『ペテン師と天才~佐村河内事件の全貌』、6章、とにかく大きなことをしでかしたい~S極・野望に満ちた男

・高度成長時代の申し子

 「佐村河内とは小学校時代の同級生でした。家も近かったから、小学校1,2年のころはお互いの家をしょっちゅう行き来して遊んでいました。明るくてやんちゃなやつでしたよ。あの時代だから遊びといえばウルトラマンやゴジラごっこだったり粘土遊びでしたね。佐村河内はうちの庭の池に落っこちて、パニックになったこともありました。彼の家に行ってもピアノは見たことはありませんでした。自叙伝の中

もっとみる