見出し画像

もはや終身雇用は終わった・・・サラリーマンを辞めて起業する前・スタートアップに入る前に知っておくべき5つのこと

 2014年に公開し10万PVを超える反響があった「サラリーマンを辞めて起業する前にしっておくべき5つのこと」の改訂版です。 

 私はいきなり海外で起業することを選んだ人間です。起業してから2019年5月現在で6年半が経過しました。今のところ、数多くの友人知人の助けもあり、難なく生き延びています。これまでに7社(海外5社、日本で2社)を創業してきました。調達してきた資金の合計は10億円を超えました。2社イグジットも経験しています。立ち上げた会社が2年と少しで60人を超えるまで急拡大し、そこから20人縮小するというハードシングスもありました。

もはや終身雇用はありません。自らのスキルで生き延びねばならない。特に海外に出た場合、それはより顕著になります。終身雇用が保証されない以上、どこにいても、生き延びる術を身につける必要性が高くなってきていると思います。

今から言うことは、起業することだけに言えることではなく、スタートアップにこれから飛び込む人、社内でリーダーとして立ち向かっていく人にも考えるキッカケになると思います。ここで述べる5つの視点が皆さんの日々の努力、頑張り、葛藤、悩み、逡巡に少しでもお役に立てれば幸いです。

 10億円調達。どこかの若い起業家が創業間もないにも関わらず、そんな金額の資金を調達するニュースをよく見かけます。10万円ボーナスアップ。死に物狂いで働いて、その結果得た報酬。こんな身近な金額もまた、よく見かけるのではないかと思います。新聞を読んでも、起業家をもてはやす風潮の記事が毎日のように載り、事業で世界を変えることを目指さないのかと言う論調も少なくありません。

 私はどっぷり普通のサラリーマンを長年続けていました。転職も経験したことがあります(野村総合研究所からグリーへ)。そして、今起業して自分の会社を経営しています。今のところ、上場!というところまでは行っておりませんが、小さくとも経営者ではあります。

 そんな私ですが、起業家の中ではかなりサラリーマンのことを熟知していると思います。長年やっていただけに。また、過去何年にもわたって、様々な起業家と会ってきました。日本、アジア、アメリカ、欧州。その数1000人はくだらない。そこから得られたことを書いてみたいと思います。

 もし、あなたが10年くらいサラリーマンを続けていて、起業を迷っている。

 10年くらいサラリーマンを続けていて、創業間もない企業への参画を迷っている。

 10年くらいサラリーマンを続けていて、次のキャリアとして海外に飛び出すことに迷っている。

 または、10年くらいサラリーマンを続けていて、この先の将来が不安で気持ちが暗くなっている。

 そういう20代後半から40代の方々(もしくは50代)なのであれば、これから述べることを事前に把握しておくことは非常に有効だと思います。

1 あなたには、今もらっている給与の価値はない

 のっけから、カウンターパンチを浴びせたことを言いますが、現実です。あなたの価値は、今もらっている給与の価値はありません。野球に例えて言うならば、人の能力価値は安打数ではなく、打率のようなものです。上下するのです。起業したとして、創業間もないスタートアップにジョインしたとして、あなたの価値は、今もらっている給与の価値より確実に低くなります。

 今もらっている給与が50万円か、100万円か、どのレベルなのかは分かりませんが、その給与がなぜ発生するか?

  会社(おそらくある程度大きいでしょう)全体を効率的に動かしていくための、一部の役割をあなたは担っているはずです。そして、それを効率よく推進することをこの10年追求し続けてきたはずです。その限定された役割を効率良くこなすからこそ、会社全体が産み出す利益の中から、あなたのその価値=給与が生まれるのです。

 しかしながら、そこで追求した効率性を上げるスキルは、ゼロから価値を産み出す際に、多くの場合役に立ちません。残念ながら、これもまた事実です。もちろん役立つスキルもありますが、それは一部のスキルに限られます。

 繰り返しになりますが、あなたの価値は、今もらっている給与の価値ほど高くないのです。しかし、これは何もあなただけに当てはまるわけではありません。起業であれ、創業間もないスタートアップへのジョインであれ、はたまた新しい国で働き始めた場合、今もらっている給与分の付加価値を即座に出すなど、ほとんどの人が出来ないのです。

 仮に100万円の給与を欲しいのであれば、月に300万円の売上を最低限は弾き出さなければ、その給与には届きません。単なる個人事業主や、プロブロガーなどで良いのであれば、100万円の給与を手に入れるために必要な売上はもっと小さいかもしれません。しかし、起業して会社を大きくし、事業によって、変革を起こすことを目指すのであれば、その後の事業投資、人材を採用することによって会社を大きくしていくための余力を会社に残す必要があります。

 会社はオフィスの賃料、パソコンなどの機器、事業を進めるために必要不可欠の事業投資、外注費、広告費など様々な経費がのしかかってきます。大雑把に言って、欲しい給与の3倍稼がねば、その給与を手に入れることは出来ません。

 逆の見方をすると、仮にこれから成長する企業に飛び込み、今の半分程度の給与レベルになったとしましょう。半分になることを容認できるのは、もちろん将来のリターンを期待しているからだと思います。そんなとき「自分の実力の半分も出せば、この給与分の付加価値は出せる」などという価値観を持っているとしたら、それは即座に捨て去るべきものです。新しい境遇では、今までの半分の価値すらも出せていないことの方が多いのだから、むしろこれまでの2倍以上性根を入れて望むべきところです。

 いや、そんな価値観は持ちあわせていない。

 多くの人はそう「思う」かもしれません。しかし、残念ながら10年もサラリーマンを続けていると、自分が思わなくとも、行動がついていかない場合が極めて多い。行動が、俺/私は本来もらうべき給与をもらっていないから、実力を発揮していないだけ。心の奥底でそういう考えがあると、それは行動となって現れてしまうものです。

 納得の行かない状況という理由で、全力を出しきれない人間は、満足の行く環境に行ったとしても、全力を出せはしません。

2 自らの役割を規定してはいけない

 通常の会社に勤めていると、各人には役割というものがあります。それなりに大きな会社の場合には、自分の役割を超えたことをやろうとすれば、他の組織から釘を刺されることも少なくありません。よって、サラリーマンという職業で長年働くと、自らには役割というものが存在し、その中での効率性を追求するというDNAが出来上がってしまうのです。

 このDNAが起業や社会の変革を目指すと謳うスタートアップで戦う際には、非常に邪魔になります。起業をする場合、創業まもないスタートアップの一翼を担う場合、不透明な市場環境である途上国で働く場合、役割などあってなきが如しです。自らの得意分野から派生する「大きめ」の役割を勝手に規定し、それの付加価値の最大化を図る。それはとてつもなく典型的なサラリーマンDNAなのです。

 青天の霹靂のような役割をも模索し、推進し、転げまわる。日々思いもよらない役割を開拓し続ける。そうした領域へ、毎日毎日、いや、毎時間毎時間踏み込む事こそが起業するということであり、スタートアップに参画するということなのです。

 自らの得意分野から派生する「大きめ」の役割を推進するということは、決して悪ではありません。例えて言うならば、売上100億円の会社を110億に成長させるためには、そうしたリーダーシップある人が何人もいなければ達成できないでしょう。一方、100万円の売上の会社を1億円にしようとする場合、「自らの得意分野から派生する大きめの役割を推進する人」というのは、残念ながらほとんどの場合、役には立たないのです。

 起業して推進していくためには、これまでの経験で培ってきた行動原理そのものを変えなければやっていけない。つまり、あなたの業務には終わりなどないのです。やってもやっても、次から次へとぶち当たる壁を乗り越え続けなければなりません。まったくお門違いの壁がいくつも立ちはだかる。それを楽しめる心理状態へと変わらなければ、やっていくことは困難でしょう。敢えて規定するとすれば、それは、役割を決めないこと。それが肝要なのです。

3 ベストではないと承知でも、やらなければならない

 極論ですが、ベストかどうかなどどうでもいい。マーケット調査や、ニーズ調査さえもどうでもいい。創業まもないスタートアップにおいて、マーケット調査やニーズ調査が必要なのは、投資家向けに、ファンドレイズを募る時くらいです。辛酸を舐めた創業経験がある投資家相手には、浅はかな調査など逆効果となる場合も多い。むしろ古典的ではありますが、パッションの方が重要です。いや、最も重要なのは、「覚悟ある行動」です。気合など何の役にも立ちません。

 ベストでなくとも良いとは言いません。ですが、ベストなものを待つ必要は全くありません。今日、今、考えられうるものの中で即座に実行可能なものを行う。直感的にベストではないかもしれないと、そういう感覚をあなた自身が持つものでも、やらなければならない。ベストチョイスなどを選んでいる余裕はありません。問題は、選択したものをどうやってベストにしていくかということです。

 ここで「実行可能」なものという言葉を使いました。創業まもないスタートアップにおいて、今すぐに実現出来ないアイデアなど、それを考える時間が全くもって無駄なのです。

 これがこうなれば、こういう風になって収益が上がる。巷には仮説思考という考えがもてはやされていますが、こと創業期のスタートアップにおいて、仮説などというものはほぼ役に立ちません。

 こうなれば、こうなる。そんなふわふわとした考えなど1日実行すれば、まったく的外れなことだと分かるからです(もちろん、とてつもない潜在ニーズがあるということも時に判明します)。浅はかな仮説はいりません。一方、創業当初抱いていた世界を変えるアイデア。そうした強くこだわりのある信念はそう安々と変えるべきではありません。

 ボールを投げれば落ちる。それくらい確実に起こることを積み上げた戦略、戦術を毎日実行していかねばなりません。このような場合、サラリーマン経験というのは、大きな障壁となることがある。通常、大きな組織の会社では、如何にベストを選ぶかということに付加価値があるからです。如何にベストを選び、リスクを少なくするか。それが組織では求められます。それが組織を大きくしていくうえでは重要なのです。ベターな選択で、早いが少し減点をくらうことをやるよりも、3倍の時間をかけてでも、よりベター(ベスト)な選択をし、それをゆっくり確実に推進することが求められるのです。

 しかし、起業した場合、そんな悠長なことは言ってられません。毎日毎日資本金が減っていきます。30万円、50万円といとも容易くなくなっていきます。売上が立ったとしても、クライアントからの入金がなければ、安心できません。売上が期末に立つ傾向の事業を展開している場合、運転資金確保のため、会社が銀行から融資を受ける際(オフィスの賃貸なのでも)、数千万円、時には数億円を個人保証で借りることなどよくある話です。私自身、個人保証は2.5億円まで膨らみました。

 皆さんが普段会われるパッションと行動力があり、明るく振舞っている起業家のほとんどの人がそうした極限の状態を経験したことがあるはずです。そうまでして用意した資金が容易くなくなっていくのです。創業期のスタートアップの経営者達は、身を切られるような思いで毎日の資金状況を見つめているのです。

 とくにもかくにも、ベストでなくとも、今ある全知全能を使ってベターと判断できることを即座に推進し続けなければなりません。

 「この戦略は将来会社にとって大きな利益を生み出す可能性がある」

 そうした大きな戦略も重要です。そして、そうした類のものこそ、知的好奇心を刺激し、面白さを感じる部分ではあります。しかし、それが明日、利益をもたらす可能性が極めて小さいものなのであれば、そんなことは睡眠時間を削って夜中にやればいいのです。

 太陽が登り、他社が動いている日中にやるべきは、明日の利益を生み出すものでなければなりません。時間をかけてベストを探す余裕などどこにもないのです。即座に出来ることの中で最善のものを実行に移す。

 ただそれだけなのです。

4 今日やらねば無価値

 今日やらねば無価値。明日はありません。明日、さらにより良く実行する。それもあまり意味がありません。今日である。今である。明日のほうが今日よりもうまくやれるからと言って、明日に伸ばしてはいけない。今すぐに始めることができる事を、やり始める必要があります。

 今日やるべきことは、今日やらねば無価値です。

 今やるべきことは、今やらねば無価値なのです。

 明日はありません。今日やりきることこそが、付加価値なのです。その積み重ねが会社としての強さになります。準備はもちろん重要です。しかし、用意周到は必要ありません。無謀に、今すぐやれと言うわけではありません。今持つ全知全能を使い、3分いや1分で何をするべきかを見定め、その直後にそれを実行する。一夜漬けして、よりよい戦略を練ることなど、まったくもって意味が無いのです。

 役割が定められ、その役割の付加価値を最大化するために、1週間や1ヶ月かけて、限定した物事に取り組む。決められた期限までにそれを遂行し、アウトプットの価値を高める。実は起業したら、そんな価値観はほとんど必要なくなります。

 毎日会社の状況は変わります。今、重要だと判断されることは、今、やらなければ意味がありません。1週間後では状況が変わってくるのです。ある物事を遂行するに際して、このやり方でやらねばならない、この資格を取らなければならない。そんな決まり事はどこにもありません。

 何かを始める際には、事前にこうしなければならない。そんなことは何もないのです。

 ただ、今すぐにやり始めることこそが重要なのです。今日実行したことが、明日正しかったのか、間違いだったのか、どう改善すれば良いのか。自分の行動の結果の良し悪しを1秒でも早く知り、次の改善策へと繋げる必要があるのです。


5 自分の限界を超えたラインを張れるか

 「成し遂げたければ言いふらせ」 私の座右の銘の1つです。

 役割の価値を最大化することに慣れてしまった人は、半年に一度の人事考課くらいにしか、目標を口にしなくなります。しかも、そうした場所で語られる目標は守りの目標となり勝ちです。自分が実行可能で(評価されるために)、最大限会社という組織のためになることを、目標として設定します(当然ながら)。世の中を変えることなどを目標に設定したりはしないでしょう。出来そうにないことは目標設定しない人がほとんどだろうと思います。

 しかし、起業するということは、出来る事をやることではありません。社会が必要とすることをやり切ることです。変革するために必要なことを、どうにかすがりつき、やり抜くことです。現在地から見える景色を見るのではなく、目標を成し遂げるために必要なことを見定め、リストアップし、その実行のために、走り始めることです。毎日自分の限界を超えたラインを、再設定し続けることなのです。

 さて、あなたは今までに自己投資でいくらつぎ込んだことがありますか?

 サラリーマン時代に、将来の自分に向けた投資として、いくらつぎ込んだことがあるだろうか? 英語でも中国語でも、会計でも、留学でも、プログラムでも、AIでも、ブロックチェーンでもなんでもいい。お金をもらってそれらのスキルアップに動くのではなく、自己投資で、研鑽するための投資。せいぜいが10万円程度でしょうか? いや100万円つぎ込んだ人も中にはいるでしょう。

 起業するとは、毎月100万円つぎ込み続けるようなものです。それも事業の進捗につれ、つぎ込む額が大きくなっていく。会社がうまく回りだし、成長すれば、毎月自分の財布から1000万円投資し続ける。そんなリスクを取り続ける。それが起業するということです。そんな環境に飛び込むことが、スタートアップに入るということです。そんな環境で事業を推進するからこそ、ようやく社会変革にたどり着くのです。

 起業を考えている人。

 創業まもないスタートアップへの参画を考えている人。

 海外に飛び出すことを考えている人。

 その前に、1つ言っておきたい。会社を休み、またはサボり、やろうとすることに向かって50万円、100万円とつぎ込んでみてください。それすら躊躇するならば、役割の付加価値を最大化する生き方を続けた方がいい。

 いざとなれば、俺(私)は変わる?

 いや、残念ながら、何十年も生きて来た人間は、そう安々と変わらない。人間が変わるのは、行動を起こした翌日からです。

 人間が変わったら、行動し始める。そんなことは起こりはしません。

 起業しなければならないなんて思わない。大きな組織を動かし、大きな社会的なインパクトを与える仕事はたくさんあります。それを推進するためには、何千人、何万人という人を率いるリーダーシップが必要となります。そんなリーダーを目指すことも意義深く、最高に面白いと思います。また人数が多い方が意義深いわけではありません。10人のチームを率い、会社の危機を救う。そんなリーダーも存在します。

私が起業したのは37歳の時でした。それまで大企業で働いていました。何年も起業しようと逡巡しました。30歳の時から起業しようと日々、悶々と暮らしていました。出来ませんでした。怖かったからです。起業して、一人で生きていくことが怖かった。毎年決意を新たにして、進もうとしたが進まなかった。自分が変わることは最後までありませんでした。自分が変わったのは、2012年の暮れ、シンガポールで起業し、会社を立ち上げ、走り始めてからでした。 

 大企業の社長であれ、中小企業の社長であれ、中間管理職であれ、海外で働いている人であれ、そしてスタートアップであれ、それぞれの立場で出来る変革があります。 サラリーマンを辞めて起業するということ。やってみなければ分からない。そして、やってみて分かったことは、ゼロを1にすることと、100を110にすることは確かに違うということです。当然ながら。

 サラリーマン時代に、100を110に、130に、いや150にすることを追求してきました。それも意義があり面白かった。

 そして、今、毎日0を1にすることに奮闘しています。それもまた面白い。どちらを選ぶか。そこには正解などありません。

 いや、正解を気にする人は起業などするべきではない。起業にはおそらく永遠に正解は訪れない。毎晩これが正しいのか。不安に打ち震えながら、朝を迎えます。どれだけその月に売上を積み重ねても、自分の給与は確定しないのです。例え今月500万円の利益を稼ぎだしたとしても、翌日から半年間一切売上が立たなくなる。そんな恐怖で毎日朝を迎えるのです。

 その状況でさらに、次の新たな事業への投資に舵を切らねばなりません。生き残っていくために。

 起業するべきか。どちらを選ぶべきか。それはあなた自身の生き方次第なのです。 ただ1つ。この地球にせっかく生を受けた一人の人間として、生きている間にできることは、少しでもこの世の中をよくすることです。たとえ1mmでも、自分の命で世界が進むのなら、それには意義があるのです。それはどこにいたってできる。大企業でも、起業でも、個人事業主としても。

2019年4月前の会社の社長を退任し、ブロックチェーンのスタートアップ、bajjiを立ち上げました。私にとって7社目となります。ブロックチェーンは革命です。革命と呼ばれているものがある。本屋にいけば、その言葉も踊っている。ならば、その只中に行かない選択肢は私にはありません。

今から20年前、1995年頃も革命と言われていた。インターネット革命です。当時私は大学生で呑気にバックパッカーとして世界を旅することに明け暮れていました。

Windows95が出てきたことも、Yahoo!が出てきたことも、携帯電話を持ち始めたことも、「ただ便利になってきたな」程度でしか、この社会の変革をかじることは出来ませんでした。

そこから20年で、まさに世界は変革されました。ほんの10社程度の会社が、世界を変えてしまいました。私はその革命の只中に20年生きてきたにも関わらず、その中心にはいませんでした。それが私は悔しい。ただただ悔しい。

先月、前の会社をある種イグジットし社長を退任したばかりです。それでもなお今月新たにブロックチェーン革命の会社を立ち上げるのか・・・なぜ早急に動くのか。

革命の脈動が、地響きをあげて私を襲っているからです。ここには、社会を変革する何かがある。確実に。だからは私はまた動きます。株式会社bajjiは現在、ブロックチェーン革命で勝負してみたい仲間を募集しています。このブログで書いたことに共感いただいた方の参画を待っています

2019年5月
株式会社bajji
Founder&CEO 小林慎和

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

137

Noritaka Kobayashi, Ph.D/小林...

bajji Inc. CEO / 社会変革プロデューサー。グローバルで通用するイノベーターを増やしたい。/ BBT大学准教授 / 野村総研→GREE→海外で起業、創業7社目。現在はブロックチェーンを活用した新しいSNSを展開中。2019年から映画監督始めました。無類の粒あん好き。

clione scrapbook

これは面白い、と思った他の方のnote記事をスクラップします。
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。