なぜ今、信頼スコアを作ろうと思ったか・・・

こんにちは。株式会社bajjiのCEOをしてます小林です。今回のブログでは、弊社が来週打ち出す、信頼スコア、人と人との間の信頼を見える化する、次世代のSNSについて、ちょっとその背景、思いのようなものをお伝えしたいと思います。

まずはじめに、これは、信用スコアとは全然違います。そして、世の中の人の序列をつけようなどとは思ってません。

信用スコアと、このbajjiが目指す世界はまったく違います。

信用と信頼
英語だと、CreditとTrustとなります。何が違うか。

Creditは、「過去の実績から積み重なったもの」なんです。クレジットカードとは、過去の支払い能力から見て、これくらいなら、カードで払えるだろう、というものです。

一方、信頼というものは、「未来への期待感、応援の気持ち」です。

そう、未来なんです。

あいつはどうにかしてくれるやつだ。

あの人に相談したら間違いない。

未来への期待、応援、信頼、それを表そうというのが、bajjiであり、bajjiスコアなのです。

いやいや、そんなもの、どうやって?そんな信頼とか期待なんて、人の心の中にあるものじゃないですか?

そんな声が聞こえてきそうです(いや、実際、このbajjiのサービスを説明している中で、そういう反応もたくさんありました)。

でも、ぜひ考えてみてください。

ほんと、この10年で、いろんなものが見えるようになってきました。いろんな情報と繋がるようになってきました。いろんなものがあっという間に計算できるようになってきました・・・

いまいる場所、誰と友人か、何にLikeしたか、、、

次は、人と人との間の信頼です。

孫さんはAIが人類を、世界を、変えると言ってます。シンギュラリティ。もうすぐ人の脳よりも、AIはIQなどで超えていく。思考をし、推論をし、非連続な世界を導き出そうとすると。

それから比べれば、いま確実にみなさんの心の中に温めている「あの人への信頼の気持ち」を、見える化することは序の口だと、私は思っています。

信頼=それは、未来への期待です。

未来、つまり、未知の可能性を切り開く、そのポテンシャルの高さ、それを可視化したい。それが、bajjiなのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

では、どうやって、それをスコアに表すか・・・

このアイデアに着想を得たのは、2018年の9月頃でした。

はじめはトークンエコノミー で、面白いサービスを考えたいな、というところから始めました。

トークンエコノミー とは、ブロックチェーン・仮想通貨を使ったサービスで、そのサービスやアプリであり、またはゲームを使えば使うほど、そのサービスに関わる仮想通貨かトークンがもらえる(または、稼げる)というものです。

しかし、私はもう3年も仮想通貨や、仮想通貨取引所をやっていて、よくわかりました。

仮想通貨(トークン)である以上、それをサービスの中に組み込むことは本当に難しい。通貨的なものは組み込まないもの、だけれども、世界を変えるものをブロックチェーンで生み出したいと。

その時、配るもの(仮想通貨やトークン)を扱うのは、金融サービスとしての様々な法令に遵守する必要があり難しいが、でも、そもそもその前に、誰に配るべきか、誰にインセンティブを与えるべきか、それを判断するにはどうしたらいいんだろうか?と考えました。

「誰がインセンティブを得るべきなのか」

そこから実はbajjiは始まりました。

それはやはり、人から信頼を得た人が、獲得するべきだと、思い至ったわけです。

どういう人は、信頼を勝ち得るんだろう・・・

結局、それは人が、人に「思う」ものです。どういう時に思うか。

何気なく相談した時に、親身になって時間を割いて、話を聞いてくれた。

フェイスブックで悩みの投稿をしたら、数時間後に、会社のそばにたまたま来たんだけど、会えないか、とメッセージを送ってきた。

クライアントが激怒しているプロジェクトがあったとき、頼んでもいないのに、その噂を聞きつけて、サポートをしてくれただとか。

そんな日々の出会い、行い、言動、そんなものの積み重ねが、信頼へと繋がっていきます。

情けは人の為ならず。

この諺は、誤解している人も多いのですが、意味は、

「人に親切にすれば、その相手のためになるだけでなく、やがてはよい報いとなって自分にもどってくる」

ということです。一方、それと表裏かもしれない違うことばで、こんな言葉もあります。

正直者は馬鹿を見る・・・

いや、そうじゃないことをしたいんです。

とにかく、どんなことでも相談に乗る人っていると思うんです。

ついつい、長話で、相談に対して、真摯に答える人っていると思うんです。

そういう人たちの、1つの出会い、1つのティータイム、1時間の会話。

これは実は、とてつもなく社会変革、未来をよりよくする時間だと私は思っているんです。

人と会うこと。話すこと。聞くこと。頼まれたことに答えること。実行すること。やりきること。

たとえ、それが、お金をもらった仕事の依頼でないことでも。

その1つ1つが、この世界にとって、意味があると、私は思うのです。

それは、人それぞれの思い出の中、心の中に残っていきます。だけど、このビックデータの時代において、そうしたものが、蓄積されていない、参照されない、それはなんか悲しいことだなと。

そこから、bajjiスコアの算出アルゴリズムを考えました。

bajjiスコアは、3つの要素からなります。

1 リアルに、実際に対面で出会っていること、その多さ

2 bajji(限られた枚数しか持っていない、押せる数が限られたlikeボタンのようなもの)をもらった枚数

3 bajjiを贈った枚数

スマホでなんでもできるようになりました。

簡単に繋がれるし、動画も簡単に公開できるし、クリック数回でタクシーも呼べるし、なんでも、Airで出来るようになりました。

だからこそ、リアルなんです。実際に会うことなんです。電脳になろうが、VRがすごくなろうが、私たち人間は、生物です。コンピュータじゃない。

だから、リアルで会うこと。自分の「感情」って人それぞれで違うものを贈るということ(bajjiを贈る)を、積み重ねたい。

その積み重ね、総合したものが、信頼スコア、bajjiスコアになる。そう考えたのです。

それをどう表そうか、、、といろいろと悩んだんですが、人と人との繋がりのソーシャルグラフは、グラフ理論に落とし込める。その昔、グーグルのラリー・ペイジらは、ページランクというものを生み出した。それもグラフ理論です。それは指数ベクトル中心性という理論なのですが、bajjiスコアでやりたいのは、人の信頼度を図ること。それを考慮して、考えたのが下記のアルゴリズムなんです。ちょっと情報工学理論的になってしまうので、その計算ロジックについては、後編にて(笑)


人の信頼は、人から贈られたもので決まります。

よくこういう人がいます。「○○は、俺の弟分だ」だとか、「○○は、俺の弟子だ」、「○○(facebookで繋がっている)は、俺の親友だ」だとか。自分の凄さを他人からの賞賛で作り出そうとする人。そこには、信頼はまったくありません。そういうタイプの人は、おそらく誰からもbajjiをもらうことはないでしょう。

そうではなく、自分の中から、心の奥底から湧き出るもので、「この人に会いたい」、「この人に、bajjiを贈りたい」そう思われる人こそが、社会が必要とする人なんだと思うのです。

そして、それを見える化しようという、その夢が、bajjiというサービスなんです・・・

それをブロックチェーンで作ってます。

ブロックチェーンで産み出した、次世代のSNSです。

来週の月曜日、ベータバージョンをローンチします。それを記念して、イベントを開催させて頂きます。おかげさまで、多数の参加を頂けそうです。まだ、席はあります。

ぜひ、あなたの信頼を、未来への期待を高めるべく、イベントに来ませんか?

6月24日(月)19時開始(18時30開場)
大手町Fabbitにて
https://bajji-event20190624.peatix.com/

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3

Noritaka Kobayashi, Ph.D/小林...

bajji Inc. CEO / 社会変革プロデューサー。グローバルで通用するイノベーターを増やしたい。/ BBT大学准教授 / 野村総研→GREE→海外で起業、創業7社目。現在はブロックチェーンを活用した新しいSNSを展開中。2019年から映画監督始めました。無類の粒あん好き。

あとで読む

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。