見出し画像

【経営ノート】意思決定を磨くために心がけていること

「経営ノート」というシリーズで、日々事業の経営に携わる中での気づきや考察を書いていきたいと思います。

先日事業部長と外出した時に「意思決定の質はどうやったら高められるか?」という話をしていました。

管理職に求められる仕事でもっとも重要なものの一つは「意思決定」なのですが、それを重要な仕事として認識して、日々意識的に研鑽を積んでいる人は意外に少ないです。

なので、リーダーたちに、意思決定の質が事業の成否を決めるということをどうやったら理解してもらえるかを二人で日々話し合っているわけです。

そのとき事業部長が言っていたのは「やはり数ですよね」ということ。

これは私も同意するところで、いかに多くの事業に関わる「決断」をするかがまずは基本となります。その上で自分が普段から心がけているのは、意思決定したあとに必ずそれを振り返るということ。

例えば「従業員への教育投資」といった投資の意思決定であれば、複数ある事業を良くするための選択肢のうち、どんなことを狙いとして、なぜそのタイミングで、どうしてその金額を投資しようと決めたのかを、投資後の具体的な成果と共に包括的に振り返るようにしています。

これは投資というロジカルな側面の強い意思決定についての振り返りですが、もう一つ重視しているのは「なぜ意思決定しなかったのか?」というもの。これはとても重要です。

この続きをみるには

この続き:1,073文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月4-6本の記事が更新されます。「初月無料」ですのでまずはお試しください!

戦略から組織作り、キャリア構築まで。産業のデジタル化が与える影響を理解し、うまく乗りこなしていくためのヒントが得られるマガジンです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

記事を楽しんでいただけたでしょうか。シェアいただけたらとても嬉しいです。

ありがとうございます!うれしいです!
18

とくさん

経営を考える素材を提供します。娘二人の育児奮闘中の父親です。日系メーカー海外営業→外資コンサル→上海駐在→現在、経営企画本部長@米IT企業。

デジタル時代を生き抜こう

戦略から組織作り、キャリア構築まで。産業のデジタル化が与える影響を理解し、うまく乗りこなしていくためのヒントが得られるマガジンです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。