湯淺光則@星景写真家

リアルネイチャーフォトグラファーでありながらファンタジックなフォトも得意とする、 星景写真の第一人者。        星空案内人(星のソムリエ) 。 https://www.nori-yuasa.com/

SONY FE24mm F1.4 GM 星像テスト

完全な星空ではありませんでしたが、一応、星空でちゃんと撮影できたので、簡単に報告しておきます。画像はトーンカーブで明るさ調整している事を明示しているもの以外は全て無調整です。全て画面キャプチャーです。
正確に検証するため、どれも保護フィルターは使っていません。

まず、noteの画像ではわからないと思いますが、FE24mm F1.4 GM のF1.4開放での全体画像です。

これだとさすがに良くわ

もっとみる

FE 24mm F1.4 GM のダメなところ

お久しぶりです。最近ですが、SONY FE 24mm F1.4 GM を購入しました。
とり急ぎ、簡単にダメだったところを書いてみます。当レンズに興味も購入予定もない方は読んでも仕方ないかも知れません(^^;

カメラグランプリ2019のレンズ賞にも輝いた、今、評判の広角単焦点レンズです。一般的には24mmは超広角に分類されると思いますが、星景写真にとっては「超」とはとても言えないので広角レンズで

もっとみる

星景写真のお話#1|「星の色を出す」

私はNORI星景写真講座という講座をやっていますが、この講座は入門編、初級編、中級編などとレベルだけで別れており、それぞれのレベルに合わせて全体的なお話をしています。そうすると受講される方の知識も様々なので
「その話は知ってる」、「その話は難しくてわからない」というような事が起こってしまうと思います。

今回はnoteを使って、ある特定のお話をある程度詳しく説明する記事を
新しく書いてみる事にしま

もっとみる

赤道儀不要?ノイズ除去の合成ソフト「Sequator」

一部で話題の、星景写真のノイズを除去する無料の合成ソフト「Sequator」です。
検証というか、軽くテスト撮影してみました。
このソフト自体の説明はしません。興味あればぐぐってください。

基本的な使い方
①複数枚(4~16枚程度)の単純な「固定写真」を撮影(連写)する。②「Sequator」に撮影したファイルをセットする。
③大雑把に空を指定したりする設定を行う。
④Startすると処理が実行

もっとみる

2018年のベストショット

今年のベストショットという事ですが
さすがに1枚だけ選ぶというわけにもいかず、
今年を振り返りつつ、数枚挙げさせていただきますね。

1、「ツリーハウスの夜」
写真展で最も人気が高く、
また写真を提供した「星座の教科書」でも評価が高かった写真です。
人工的な街灯りは星空を消してしまうが、
自然と暮らすほのかな灯りは星空とも似合う。

2、東の空に昇った天の川アーチ。
今となっては特に珍しくもない天

もっとみる

2018年の写真活動

今年の主な写真活動について振り返ります。
ちなみに、私は星景写真家と名乗っていますが、
蛍や光るキノコなど、夜に自然に光る物全般を良く撮ります。
対外的にはNight Nature Photographerと称しています。
ネイチャーにこだわっているわけではなく、
夜景や花火などの人工的な光も撮りますし、
ファンタジックな創作写真も得意とします。
女性ポートレートや動植物も良く撮ります。

コンテ

もっとみる