収益化できている人とできていない人の違いとは?YouTube収益化条件のクリア方法とYouTubeが目指す未来

先日YouTube収益化審査に合格し、嬉しさのあまりYouTubeのことについてあれこれ書きまくっています。

Google検索やSNSでYouTube審査について調べました。
10,000人ものチャンネル登録者の人でさえ審査合格通知が来ていない人もいるようですね。

どうして自分が優先的にYouTube審査が通ったのかはわかりません。
そのことはさておいて、自分がどのようにYouTubeのチャンネル登録者数を増やしたのか記事にしました。

今回書いたの内容は時代経緯とどのような姿勢で取り組みかというメンタルの部分をメインにしています。

抽象論が多いかもしれません。

でも本当にこれでやって来たんですから!

記事内容は以下の通りですよければ見てやってください。

目次

1.前振り(収益化できなくなった原因)
2.収益化できている人とできていない人の特徴とは?
・始めるのが早ければ早い方がよい「先行優位性」
・新たに収益化できなくなったジャンルもある
・100万回再生を狙うのはバッターボックスに立った時にホームランしか狙わないのと同じ。
3.YouTube収益化審査の条件をクリアする方法
・適切なキーワードを選定する
・サムネイル画像の作成
・投稿して動画で共感を得る
4.条件をクリアしていない場合どのようにYouTubeチャンネルを運営していくか?
・条件をクリアしている人のマインドとクリアしていない人のマインド
5.コンテンツが無料化していく時代と、個別対応による差別化・高額化
6. YouTubeの未来
・無料で利用できるということは何かを提供している
7.まとめ

この続きをみるには

この続き:5,712文字/画像2枚

収益化できている人とできていない人の違いとは?YouTube収益化条件のクリア方法とYouTubeが目指す未来

ehime-cameragakari

120円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。