自分イベント

自己紹介

いろんなことをして名前が売れていってますが、佐々木という不審な男は何者なんだと思ってる方も多いはずです。エンジニア名乗ってるけど何ができるの?何をしたい人なの?何か実績あるの?みたいな疑問を解消するのが目的です。

すごく簡単な経歴

商社の営業を2年
テスター1年、オペレーターを5年
インフラエンジニアを5年

技術的な自己紹介をひとこと

得意な領域はサーバーです。が、ここ数年はAzureでサーバレスのシステムにしか触っていないです。
元々はオンプレやVMwareでの仮想マシンなどを触ってましたが、時代の変化とともに得意領域がなくなるという非常事態になってます。

インフラ以外で興味があること

LINEBotでガッキーにガッキーのドラマのセリフを喋らせるなど、狂ったようにガッキーを愛する活動をしてます。(こんなことをしてもガッキーを作ることはできないと気づきました)

転じて真面目な方向に趣味で作ったものもあるのですが、こっちは諸事情でここで公開することができません。
自社サービスのFAQを個人の趣味でAIチャットボット化したもので、ここにキャプチャ載せると会社がバレるかもしれないからです。
(内容はWEB上に公開しているFAQをそのままチャットボットにしたものなので、機密的な問題はないのですが)
AzureのAIが入ってるので、質問が多少ふざけていても近い回答を拾ってきてくれます。
これをWEBサイトに配置させたかったんですが、社内ではチーム内では盛り上がったものの採用されずにただの趣味で終わりました。

最終的には、ガッキーの立体映像を空中ディスプレイで投影して、超音波素子で実際に触れるようにして、AIを搭載して会話できるようにするのが夢です!

等身大ガッキーを作るためのハードだけで800万するんですが、必要なのは資金だけなので億万長者の方が見てたら投資してください。

あとはガッキーの画像を学習して偽物を見分けるようなものも作りました。
要するに、コグニティブ系の技術で遊ぶのが好きです。

インフラ勉強会というオンラインコミュニティを作りました

僕の実績で一番有名なのがこれです。巨大なオンラインコミュニティを作って、日経SYSTEMSにも載って、渋谷でイベントやったらこの写真のような盛り上がりができて、多くの人の人生を変えてしまったことです。僕の運命も変わりました。

このコミュニティは、わからないことは何でも教えてもらえます。むしろ、疑問点はグイグイと聞いていくのが正しいスタイルです。
だから、何かの理由で「勉強ができない」という言い訳ができなくなります。あらゆる技術のスペシャリストがいるので、ググっても出てこない情報がどんどん出てきます。
「勉強のために、数百台サーバーを構築したい」そんな人のために善意の提供者がリソースを貸してくれます。「お金がないから勉強できない」なんて人もいません。無料で好きなだけ学習しましょう。

私はシリコンバレーのように優れた技術者や最先端の情報が集まる場所を、日本に作りたいと思って運営してきました。

この活動をしてから周りにたくさんの人が集まるようになり、たくさんの学びを得ることができました。そこでいろいろと成長できたので今の本を書く活動をする源泉になっているのではないかと思います。

著書

いくつかの奇跡が重なって、二ヶ月間で1000部売れました。「佐々木という人がすごい」と思われたら不本意なので、本当は徳が低いということを知らしめるために、二作目は僕がいかに卑しいエンジニアかということを書きます。正攻法で突破できない困難はどうすればいいのかという内容で書きました。

今後やりたいこと

ずっと言い続けているのが「全てのエンジニアが幸せになる活動をしたい」ということです。時短だから、地方だから、育児があるから、病気だから、働きたくても色んな理由で世の中に出てこれない人をゼロにしたいです。

そして、コミュニティ活動はただのプライベートでしたが、仕事でもゼロから何かを作ってたくさんの人を巻き込んでいくようなことを自分のためにしてみたいです。

僕は家庭のために時間を使わなければいけないので、時間の制約があるなかで、興味のあることで遊んだり本を書いてみたりしながら、ちょっとずつ新しいことやって、いつかはガッキーと一緒に仕事をしたいです。

さいごに

常に新しいことをしたいと思ってます。一緒に何かしたいとか仕事したいとか何かを頼みたいとかがあれば声をかけてください。
人を巻き込んだり巻き込まれたりするのが割と好きです。たとえば、そうやってイベントの合同誌を書いたり本を書いたりしてますし、僕の活動は全部Twitterでの出会いではじまってます。

なお、このページは随時アップデートしようかなーって思ってます。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

すこすこです
9
コードを書かないエンジニアのキャリアをマガジンにするためだけにアカウント作りました。インタビュー形式で時間をかけて少しずつ作り上げていくつもりです。多様性をもっと広く知ってほしいし、自分でも参考にしたいので楽しみながらやってます。プライベートでも今年は2冊本を出しました。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。