ロクシタン GINZA SIX店 アトリエ・ド・プロヴァンス

運良く「ロクシタン GINZA SIX店 アトリエ・ド・プロヴァンス」のオープン初日に行くことができました。
“アトリエ”をコンセプトに掲げた銀座初のロクシタンカフェ併設のショップです。

ショップの方はおなじみのハンドクリームからボディケア、ヘアケアまでいろいろ揃ってます。
特筆すべきは、ピエール・エルメ・パリとのコラボレーションフレグランス『ロクシタン キャトルヴァンシス コレクション』が日本初上陸で発売されてました。
パリシャンゼリゼ通り86番地にオープンした「Champs 86」で誕生したフレグランスシリーズだそうです。

ムエット2種類もらいましたが、どちらもフレッシュでスッキリした香りでした。けっこう好みかも。
ムエットもらってそのままバッグの中に入れておいたのですが、バッグの中で香りがミックスされても嫌な香りにはなってなかったです。
お値段はちょっとお高め、各16,200円。うーん、ちょっと手が出ないかな……。
けどいい香りだからオススメ!

新しい香りのシリーズ『エルバヴェール』がお店の一番良いところで展開されてました。春夏向けの爽やかな香りです。
男性も女性も違和感なく使えると思います。
ハンドクリームはネイルの保湿にも使えるものでした。
新しくなったローズのハンドクリームから“ネイル”の文字が消えてしまったので、次はエルバヴェールに変えようか思案中です。

お店の名前に“アトリエ”ってついていることもあってか、ハンドクリームのチューブを絵の具に見立てたディスプレイがされてました。
ハンドクリームの小さい方、確かに絵の具のチューブっぽいですよね。

カフェの方は商業施設の中だしショップと併設ということもあってか、席数は少なめです。
カウンターと大きいテーブルの客席で15人くらいしか座れない感じです。
私が行ったのは平日だったのですぐに座れたけど、休日とかは待つかもしれないですね。

メニューは見開き2ページのみです。
カフェなのでドリンクとデザートと軽食程度です。
おやつの時間にいい感じ。

ロクシタンカフェ初体験の私は、『パルフェジョーヌ』という黄色が基調になったデザートと、『ラベンダーブルー』というノンアルコール・カクテルです。

盛り付けがすごいキレイで、いわゆる“映え”るパフェです。
真上から見ると、額縁に入った絵画のように見えるということに後から気付きました。残念すぎるぞ、わたし。ここにコンセプトは“アトリエ”だ。

フルーツはマンゴーやパイナップルなどの黄色やオレンジのフルーツ、キウイフルーツの緑は黄色い花の葉っぱみたいですね。
エディブルフラワーも添えられてとてもきれいです。
フルーツの下にはクリームとクラッシュアーモンドが敷いてあります。

ノンアルコール・カクテルにもフルーツが入っています。
私が注文した『ラベンダーブルー』の中にはブルーベリー。

店員さんが持ってきてくれる時はグラス半分のグレープ色だけの状態で持ってきてくれます。それから別の容器に青いハーブティーが入っています。これを自分で入れるか店員さんに入れてもらうか尋ねられます。
青いハーブティーはここ数年ではおなじみになったバタフライピーティーです。レモンを入れるとピンク色に変化するハーブティーです。
なので私もこの時点で気付けば良かったんですが、レモンをグラスに入れるの忘れられてしまったようです。飲み終わりそうな頃に他のお客さんの様子を見て気づきました。メニューの写真もレモンつきです。初日なのでまあそんなこともあるでしょう。

味はスッキリだけど甘味も香りもあって、癒やされる感じです。カクテルなのでいろいろなシロップが入っているのですが、バランスいい感じでした。


ちなみに一緒に行った夫氏のドリンクは、パフェのハーブティーセットのロゼです。こちらには蜂蜜が2種類ついてきます。
一口飲みましたが、とてもバラの香りの良いさっぱり系でした。

カフェメニューにある『アペリティフ・パレット』も気になるので、また行くと思います。
カフェの雰囲気としては、そんなに堅苦しくなく気軽に入れる感じです。店員さんも明るく出迎えてくれます。
“アトリエ”というコンセプトのもと、南仏の工房を思わせる雰囲気の中でお買い物したりカフェしたりできるので、その場にいるだけでなんだか癒やされる感じでした。

ホームページに『店内の工房ではご要望に合わせたラッピングサービス』と書いてあるので、今度自分用にラッピングしてもらおうかなと思ってみたり。
ワークショップもあるそうで、こちらも気になるところ。
そんなに足繁く銀座に行けるわけではないけど、銀座にいくつもあるロクシタンのショップの中でも、次もこのショップに行こうかなって思えるお店でした。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートありがとうございます。サポートでいただいたものは今後の創作活動の糧にさせていただきます。

あなたの「スキ」が私を生かします。
7

きんじょう めぐ

ライター。ウェブメディアのどこかに生存。刀剣乱舞、洋画、文房具。手帳インスタ https://www.instagram.com/kinjo_diary/ お仕事のご依頼は meg_kinjyo_work@yahoo.co.jp まで。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。