見出し画像

タイセイ君

僕は人が大好き。対面して人と話すのが好き。

話の内容は勿論、その人が発する雰囲気を感じ取るのも好き。

最近僕は、高校の先輩(タイセイ君)が新しく始めたBARで沢山の初めましての人と会う機会がある。とても嬉しいし、刺激的だ。そして沢山考えさせられることがある。

ちなみに先輩のお店のアカウントはコチラ https://instagram.com/no_storename?igshid=1dshibv6vewkv

料理おいしいし、雰囲気がエモい!そしてなんといっても店主のタイセイ君が面白い。(多分これでビール一杯無料になる)

冗談と宣伝は置いといて(笑)

今回は、お店に行って考えるようになったことを自分なりに言語化していきたいと思う。

良かったら見てネ。

人とのつながり

お店に行くとほとんどが初めましての人。

学生の人や会社員の人、留学してた人、保育士の人、恋の話をする人や今までの人生を話してくれる人、大爆笑してる人や真剣にこれからの将来について話す人。ほんとに様々な人がいる。

たぶん、お店に行かなかったら会えなかった人たち。お店に行ったから会えた人たち。

僕の中で人に会うことは成長の一つだと思っている。沢山の人から沢山の視点を聞けて、沢山の人の雰囲気を感じれる。そして沢山の自分の知らなかった世界を知れる。楽しくてしょうがない。

SNSで世界中の誰とでも繋がることができるこの時代。ほんとに便利で楽しい時代に生まれたと思う。でもね、僕が考える人とのつながりは、相互フォローじゃないし、ハッシュタグでもない。

これは意見が分かれると思うけど、僕の考える人とのつながりは絶対にFace to Faceだと思っている。

人と人が対面して初めてつながりが生まれる。今、僕にそのチャンスを与えてくれているのがタイセイ君のお店。感謝したいし、そのつながりをもっと大切にしたいと思う。

お店の未来

話は変わって、僕は大学に入りたての頃、地元の喫茶店でアルバイトをしていた。フレンチトーストが人気のお店だったから、それを目当てに来る人も多かったし、単純にランチを求めて来られるお客さんも多かった。

僕が働いていた喫茶店のコーヒーはとてもおいしかったが、こだわっているかというとそうではなかった。それでも、わざわざ足を運んでコーヒーだけ頼むお客さんはいた。本当にそのコーヒーが目当てなのか。当時の僕は不思議に思っていた。

今の歳になって、僕も喫茶店でコーヒーだけ頼む人間になった。正直、美味しいコーヒーは家でも淹れることはできる。

じゃあなぜ僕は喫茶店に行くのか。

それは、その空間にいる時間を買いに行っているのだ。コーヒーはおまけ。

タイセイ君のお店になぜ行くか。勿論、料理もおいしい。でも一番はあの空間でご飯を食べたいから行く。沢山の人と、沢山の笑いに囲まれながら過ごしたいから行く。

僕はこれが、これからのお店のあり方だと思う。美味しい食事をすることは当たり前。その上で、SNSでは繋ぎきれない人のつながりを「お店」という空間の中で繋いでいくのだと思う。

今後、共通した想いを持った人同士(古着好き、写真好きとか)が集える空間ができていけば、ハッシュタグの先にある、人と人のつながり」がもっともっとできていくのではないかと思った。

今までで一番言葉にするの難しかった、、。
わかりにくいとこあったら是非コメントしてください、、。

いち大学生の生意気な文書ですが、見てくださってありがとうございました。意見とかコメントとかあったら連絡下さい。みんなのお話も聞かせてください。

宇田渉平



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

頂いたサポートはすべて本に使わせて頂きます!

ありがとうございます!
16

宇田渉平

日々の気づきを言葉にして、人生を丁寧に生きていくために。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。