PuppyLinux自体に必要ないかも・・・!

ClamAV ポータブル

昔のパピー(Puppy Linux)にはウィルス対策ソフトのインストールがメニューにありました。最近のパピーでは、オプションになっています。

僕も、PuppyLinux を使い始めて、今までウィルスに感染した経験はありません。

今後もおそらくないと思います。

そもそも「ウィルス対策ソフト」というものは、感染が広がっているウィルスが発見され、その特徴を登録して動作するものです。

PuppyLinuxで感染が広がっているウィルスは存在しないので、登録されていないし、今後も無いと思います。

では何のために PuppyLinux にウィルス対策ソフトがあるのかというと、例えば、PuppyLinuxにと同じネットワークに参加しているMS WINDOWSのユーザーとファイルのやり取りを行う中で、ウィルスを検出することで、これを利用するWindowsユーザーを保護するなどが考えられます。

ウィルス対策ソフトは巨大です。コンパクトがウリのパピーにインストールするのをためらう方もいるかもしれません。

そんな悩みを一気に解決してくれるのが、clamav-portable なのです。

ClamAV ポータブルのインストール!

clamav-portable-0.2.tar.gz をダウンロードします。

ダウロードしたファィルをhomeパーテーション等で解凍し、クリックするだけでインストールは完了します。

アイコンが作成されますので、リンクをデスクトップ等に作成しておくと便利です。

アイコンをクリックすると、GUIが起動します。データベース更新、ウィルス検索を実行します

詳しくは、下記のブログで紹介しています

□ 広 告

□ 僕の愛読書

アクセスが集中しているときは、表示まで少し時間がかかることがあります。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

masakazu

Linuxを中心とした、無料OSの研究をしています。仕事をこなすのに、有料のOSやアプリケーションを使用しなくても良い環境を構築していきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。