見出し画像

自分を好きになれば苦しさが増える理由

自分のことを好きになる必要はありません。自分のことを好きになると同時に嫌いも発生します。好きと嫌いは常に一体の存在です。自分を大切にする事と自分を好きになることは大きく違います。好き、嫌いはとても過敏で即効性のある反応です。早いうちに手放しましょう。

自分を大切にするということは、好きでも嫌いでもない、今、そのまんまの自分を自分で受け入れることです。それは好き、嫌いとは関係のない、ありのまま、そのまんまの存在です。

自分はそのままでいい!を勘違いしないでください。わかりやすさに傾倒するあまり、好き嫌いを抱えたままの自分を肯定してしまうと、結局は苦悩を生み、いつまでたってもアリ地獄のような苦悩から抜け出すことはできません。物を断捨離する前に、自分の好き嫌いを真っ先に断捨離するべきです。

好き嫌い、と何でも受け入れるとは大きく異なります。人は脳の構造上、おおよそのことは忘れることができます。そのため、時と共に許すことも可能です。しかし、苦手なもの、ことは確かにあります。それは好き嫌いとは全く違います。

私たち人間は、基本的には満点だと僕は思います。ある程度完成された状態です。この部分においては、先ほど述べた、そのままでいい!のです。しかし、好き嫌い、不要な期待、頑固さ、嫉妬などの自我が(エゴ)が本来の素晴らしさを奪い、疲弊し、苦悩を生み出します。

マインドフルネスは、座って、自分の内側を内観します。そして自分の内側で起こっていることに徹底的に気づき、その事実を直視します。これは座らなくてもできますが、まずは座って行うことが基本となります。整体やヒーリングでできることは半分にすぎません。自分自身で歩むために必要なことこそ、自らの内側で起こっている、好き嫌いとは関係のない、ありのままに気づき、それを大切にすることで、僕は世界から病気や不要な痛みは消えると考えています。

身体の痛みや病は、身体の問題と、心や内面の問題がセットになって起こっているのは、すでに皆さん、何となくわかっているはずは?


マインドフルネスおはなし会募集


ヒーラー奈良岡元



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

脳から身体の不調を整える『ブレインハック』

Thanks!良き気付きがありますように!
6

奈良岡元

代々木上原で活動する整体師。宇宙から細胞までまるっと人間という、なんとも愚かで、それでも愛しき生物を、マニアックでニッチに書き綴ります。脳から身体の不調を整える『ブレインハック』という独自の技術で整体を提供中 https://www.naraokahajime.com
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。