ゲームに子供料金があったらいいなぁ――という話


 テレビゲームって、子供料金があるといいよなぁ。

 ――と、つねづね思っています。映画館や遊園地では、子供は大人よりも安い値段で楽しめるようになっているのだから、テレビゲームもそうなるといいよなぁ、と思うのです。

 もちろん、それが実現していない理由は、わかっています。書籍とか音楽CDなどの「買い取る」コンテンツに、子供料金が存在しないのと同じことです。

 いったん「買い取る」コンテンツは、購入した後に誰が触れるか売り手にわからない。購入したのは子供でも、そのコンテンツを楽しんでいるのは大人かもしれない。だから子供料金を設定するのは困難だ、という考え方は、たしかに理解できるものではあります。




 でも、いまのゲームって、かなり変わってきたわけです。

 オンライン化が進んだことによって、テレビゲームは「買い取る」コンテンツではなくなりつつあります。「延々と遊んでね」というサービス業に近いものになっています。だったら、子供料金というものがあってもいいんじゃないかな、と思うのです。

 やろうと思えば、そんなに難しくないはずなんです。

 もっともシンプルな方法としては、「全サービスが受けられるバージョン」と、「子供用に多くの制限がかかっているバージョン」を用意して、後者をキッズ版と名付け、そっちの価格を大きく引き下げればいいのです。



 これって、ひらたくいうと「体験版」という名称をやめてしまおう! という提案なのかもしれません。

 いま、ゲームの冒頭だけプレイできる「体験版」を無料で遊べるようになっているゲームもあります。たとえばレースゲームで、3つのサーキットのみ選べる、オンラインプレイ不可のバージョンが、まずは無料で体験できますよ! みたいなサービスですね。

 これまでは、そういったバージョンは「無料体験版」と名付けられていたわけですが、これを有料(もちろん安価)にして、「キッズ版」と名乗ればいいんんじゃないかなぁと。

 こうすれば、ごく自然に、小さな子供たちが「ゲームを安く楽しめる」という形に収束すると思うんですよね。



 これ、細かいところを詰めていくと、たくさんの穴があるアイディアではあるでしょう。

 でも、世界的に、とくに先進国は少子化が進んでいるわけで、「子供たちが、気軽にゲームに親しめる」環境を作っていくことは、ゲーム産業が抱える全世界的な課題のはずなんです。

 ならば、ゲームに「子供料金を設定すべき」という提案は、あながち間違っていないと思うんですよね。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

野安ゆきお

コメント1件

安価にって体験版で金取るんですか?
それってスマホのアンロック課金ゲーと同じですよね
昔あるゲーム機で三コースしかなくて、後は課金で後日配信のリッジレーサーがあったんですが
三コースしかないといつも同じコースで遊ばなくてはいけなくて、全く楽しくなくて
そのソフトを遊んでいるときは本当に苦痛でした
制限だらけの削除版に貴重なおこずかいを出して買わされたと知ったら子供はどう思うでしょう
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。