おのだ希

ショップをしています。https://www.iichi.com/shop/nozomi  ホームページ https://www.nozomi-onoda.com/

生まれる

ピアノの音だけの、『孤独姫』がすき。

『すき』という曲は、あたたかい。

『時のきらめき』は、ゆったりきらきら。

『DAI-SHIZEN』は、切ない。

(西村由紀江さんのピアノ曲について)

いつも絵を描くときには、
ピアノ曲は
聴かないけれど

(あこがれの、西村由紀江さんのように)

わたしは

わたしの心に、生まれる色で、

光と影の粒のように、描こう。

図書館にて

『新聞読んで』(2019)おのだ希

『本探し』(2019)おのだ希

先日、父と、
久しぶりに図書館に行きました。

選んだ本は . . .

『あおのじかん』
イザベル・シムレール 文・絵
石津ちひろ 訳
(絵がすごくきれいな絵本)

『ねむり屋さん』
今西祐行・作
篠崎三朗・絵
(しゅんと、しみます)

『まど・みちお詩集 だいすきまどさん』
伊藤英治・編
篠崎三朗・絵
(詩と絵が、愛情を持

もっとみる

あじさいと

『ふんわり、紫陽花』(2019)おのだ希

季節が巡ると、いつも6月には、
あじさいが咲く。
観ると、いつも、ちょっぴりうれしい。

『セイロンベンケイソウ』(2019)おのだ希

生まれて初めて、
セイロンベンケイソウの、
花が咲いているのを見つけました。

セイロンベンケイソウは、母が
屋久島の売店で、葉を
水の張ったお皿に入れておくと
芽が出るよ、と、
葉の見本を見せてもらい、
お家に持ち帰

もっとみる