見出し画像

人を動かすためのレポート作成術 小川卓さん ウェブ解析士会議2019速攻レビュー

キター!小川さんのターンです。以下、書き起こしていきます。

人を動かすためのレポート作成術

社内あるいはクライアント向けにレポートを作成している。だけど、ほとんどみてくれない。使ってくれない。そんなことはありませんか?人を動かすレポート作成とコミュニケーション手法を紹介します。

分析者の価値=人を動かすことができたか?

気づきを発見し、方針を提示することで、社内やクライアントを動かし、施策を実行することでお客さんを動かすのが大切です。

社内を動かすためには、意思決定者に意思決定をしてもらう必要があります。では、そうしてもらうためには?意思決定ができる情報を提供するのが大切です。

「施策を行ったら、売上がどれくらい上がるの?」という質問にみなさんはどう答えますか?今回は3つの手法を紹介していきます。

課題:数値・表・グラフは何も物語っていない

・結局、何が言いたいの?
・これをみてどうすれば良いの?

そんな声があるんですね。サマリーシートは、レポート報告時に利用する1枚3分で表したものです。僕の場合は、今月の3大ポイントをリストアップし、その上でKGIとKPI達成状況を共有しています。

サマリーシートの価値としては、全員に同じ内容を正しく伝えられることです。意思決定に必要な情報のみを伝えられます。さらに短時間で情報共有が可能です。

レポートは説明するためではなく、議論するのが大事です。議論することで、アクションにつながるんです。これだと共有と拡散が行いやすいんです。1枚だけならみんなみてくれるんです。1枚で共有することで、共通理解ができるというのが大きいですね。

数値をみてもわからない。

数値だけでは判断がしづらいんですね。例えば、平坦なグラフがあったとき、何か得られるものはなかったりするんですよね。数値に影響を与える要素の有無がないからなんです。

しかし、その平坦なグラフに加えて、最後の月は流入を大きく増やすためのキャンペーンをやっていたとします。そうだとすると、これって大問題ですよね。

大事なのは、数値*施策シートを作ることです。数値だけじゃなくて、施策を入れることで、一気にわかりやすくなります。

これによって、施策の適切な振り返りができるんです。しかも今後の施策がわかります。つまり、見るべき数値と判断が可能なんです。

コンバージョンあげるための施策をやってみよう、いや集客のための施策をやろう。こんな風にできるんですね。どのタイミングでどういった施策をするのか。それがわかると、このレポートに集約されるので、みんながみて、議論がおき、行動につながるんですね。

売上はどのくらい上がるの、って質問があったとします。大事なのは、なぜその質問があるか、ってことです。

さっき取った会場アンケートみてみましょうか。

お、すごい。296件も来てる。実は誰も入れなかったらどうしようと思って、私が1件入れたんですが(笑

(会場爆笑)

いろんなお答えがありますね・・・。

では、なぜこんな質問をするのか。それは意思決定をしたことの説明責任があるからなんです。この質問って難しいですけど、実は味方なんです。企画をGOするためになんて答えていいのか、教えてくれ、と言われているんです。

2割上がると言って、その結果5割上がっても怒られないですよね。なので、精度よりもロジックが重要なんです。

悪い例としては
・問い合わせ数が10件増えます。
・やってみないとわかりません

これだとダメなんですね。

・LPのクリック率が過去の平均値である4.5%に改善すると、月5万円の売上増になります。
・該当キーワードのCPCを加味すると、月刊予算10万円で新規獲得が5000件出来、月間20万円の増大につながります。

こういうのがいいですよね。意思決定において選んでもらうというのが大事です。他にもっといいのはないのかね、ってなるんですよね。

例えば、どちらのプランがいいでしょうか。1時間初期設定メールサポートも出来て、220ドルのもの、6時間トレーニングサポートで500ドルのもの。2つで比較すると、500ドル高く見えます。

ですが、3つだったらどうでしょう。最後のプランを700ドルにした時。そうすると、真ん中になりやすいですよね。



まとめ

1)サマリーシート  : 現状と次の打ち手を短時間で把握可能に!
2)数値*施策レポート: 施策が数値に与えている影響を把握可能に!
3)改善施策の提案方法: 意思決定者をサポートして、巻き込むことを可能に!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートされた費用は、また別のカンファレンス参加費などに当てようと思います。

星の数ほどある記事の中からご評価いただきありがとうございます!
4

窪田望

ウェブ解析レポートをたった1分間で作るKOBITを運営してます。世界15カ国4500社に使われており、サイト制作会社・広告代理店・ウェブ解析士の売上アップ、顧客体験と従業員体験の向上に貢献しています。このnoteでは主に僕が参加した勉強会の書き起こしをしていきます!

ウェブ解析士会議2019のまとめ

ウェブ解析士会議2019で語られた内容の書き起こしになります。 写真:イイダマサユキ
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。