佐藤亜紀 NPO法人aLku

「子育てしたい理想の場所」を探して3年前に川崎から山形へ移住し、ソーシャルビジネスを展開する社会起業家のシングルマザー。 noteの収益は、NPO法人aLkuが行う非収益事業「ひとり親支援事業」に100%充てられます。 http://npo-alku.jp/

NPOも、お金を稼いでいいんです。

今年に入ってから、学校や自治体から、月に3〜4回のペースで講演依頼が来る。

人の前で話すのは好きだし、いろんな人の意見も聞ける貴重な場なので、私自身も楽しみにしている仕事の1つなのだけど、私が心底衝撃を受けた講演は今までに2回ある。

1回は終わってから駐車場の車の中で1人で大泣きした。

2回目は終わってから速攻で説明資料を大幅に書き直した。

1回目の衝撃講演の方が聞きたいと思うが、それはま

もっとみる

恋愛事情

まず初めに宣言しますが、シングルマザーだって恋愛してもいいんですっ!

ママだって恋愛してもいいんですっ!(結婚してる人は、そこはぜひとも旦那さんとしてほしいと思いますが・・・)

私の尊敬する友人には、ネギと恋愛してる人もいますが、それでもいいんですよっ!笑

「自然と恋してる」

正直、私にはよく分かりませんが、いいじゃないですか!かなり素敵ですよ!

今からご紹介する話は、去年の夏にange

もっとみる

戦い方

「自分らしく生きて、自分のやりたいことを突き進む」と、色んな人や機関と戦う場面は誰にでもあるんじゃないかなーと思ってましたが、最近そうでもないことも知り、「これは私の性格の問題か!」と気づいた30歳です。

私が尊敬している人たちの戦い方は、面白いくらいに分かれる。

1:「とことん戦う。」

2:「全てを受け入れる。」

3:「愛で包み返す。」

4:「完全無視。」

あなたはどのタイプです

もっとみる

県庁の熱い男、小室さん

<協力隊1年目> 手探りでのひとり親支援(後章)

「一度お会いしてお話しさせてください!」

電話越しでそう話す県庁の人は、熱意の塊のような人で、長井市でひとり親コミュニティあんじゅ会を立ち上げた私に興味を持ってくれたようだった。

電話でのやり取りがあった数日後、わざわざ長井市までお越しいただき、子育て推進課同席のもと話し合いが始まった。

小室さんは「これから県でもひとり親家庭の支援に力を入

もっとみる

イベント大失敗?

<協力隊1年目> 手探りでのひとり親支援(前章)

 地域おこし協力隊に着任した翌月に長井市に住むシングルマザーから「長井にはひとり親が集まったり話したりする場がなくて、シングルマザーの友達がいない」という相談があった。

私もひとり親ということから“ないなら作りましょう!”と長井市ひとり親家庭のコミュ二ティ“虹のわ会”を発足した。

まさかこんな軽い勢いで発足したものが今の様な事になるとは思いも

もっとみる