STARTUP 〜しくじりの5年間〜

2018年12月9日で、起業からちょうど5年でした。

祝!と言いたいところですが、しくじりの多い5年間で、思い出したくないレベルのつらみもありますが、少しでもお役に立てたらと思うので、

- 起業したい
- 起業準備中
- 起業したて
- シード期くらい

という人たち対象の内容で、主にしくじり経験を元にノウハウをシェアしたいと思います。

すでに起業して資金調達バンバンしてるよっていう方には、当たり前な話かもしれないです。

noteの最後に、参考になるURLをまとめておきますので、そちら見ていただくだけでも十分にしくじり率を減らせると思います!(先人に感謝!)


① 共同創業者に関して

Y Combinator創立者のポール・グレアムさんによると、共同創業者がいた方が起業は成功しやすいと言われています。


僕は元々勤めていた会社の後輩と共同創業し、3ヶ月で別れました。


いきなりの大しくじりです。

理由は、"強みが被って役割分担がうまくいかなかった”ことや"熱量の違い"が挙げられます。

共同創業者を選ぶ際、今までにチームで一緒に仕事をしたことがあるとか、昔からの友達で相手のことをよく分かっているので大丈夫だ。

と考えたりしますが

共同創業する前に 『プロジェクト』ベースで一緒に進めてみる、ことを強くお勧めします。

ここで違和感を感じたら、共同創業しない方が良いです。ほぼ確実にうまくいかないです。

後になればなるほど、違和感が大きくなり、揉め事の原因になったりします。下手したら、大切な友達を失ったりするので...


また、よく聞く話ですが、共同創業者が何らかの理由でチームから離れる場合、株式を一定の割合持っているケースが多いので、その譲渡でめっちゃ揉めます。

譲渡が上手くいかないと、以降の資金調達がもの凄く大変になるそうです。僕の場合は良くも悪くもスピード解散だったので、揉めることはありませんでしたが、

創業者株主間契約書は必ず結んでおく、ことを強くお勧めします。

詳しくは以下に分かりやすく書いてあります。

ちなみに僕の別れた共同創業者は、その後会社を立ち上げ、今では新宿でインバウンド旅行客向けにホテルを経営するすごい事業家になってます!未だに友達関係も続いているので、いい別れ方をしたのだと思っています。


② サービスのアイデアに関して

今までに多くのサービスを潰しました。

例えば、ハンドメイドEコマース、VRライブ配信サービス、音楽特化VRライブ配信サービス(未リリースで終了)、360度映像納品サービスなど。(内2サービスは売却)

『ユーザーの声を聞け!』

めちゃくちゃ基本的なことなのですが、それができず、自分たちの (思い込みで) 価値があると信じたプロダクトを作ってました。

そして、伸び悩んだタイミングで、なんで僕らがやってんだっけ?誰のペインを解消してるんだっけ?→やめよう!というのを繰り返してました…

Onlabの皆さんごめんなさい。身を以て理解するのに2年費やしました。泣

僕は以下のプログラムで、ユーザーヒアリングの大切さを学びました。お勧めのプログラムですのでご興味あればお繋ぎします。

また、前にVCさんが言っていて分かりやすい表現だったのですが、

1) なぜこのビジネスなのか (Why this)
2) なぜ今なのか (Why now)
3) なぜあなたなのか (Why you)

という3つの要素が揃っている状態が、投資の前提だそうです。

現在弊社で運営しているmaricuruも上記3つの要素は (運よく) 揃っているので、サービスが伸び、投資も集まってきているのだと思います。


③ 投資家さんとの付き合い方に関して

これに関しては、ありがたいことにしくじってません。

投資家さん選びは、結婚相手選びと似てると言われています。(P31)

確かにと思います。(離婚が大変だという点も。)

僕の場合は

- 大きな夢を一緒に見れること (スモールエグジットは目指さない)
- 普段はあまり口うるさくなく、相談したいときは時間を取ってくれる

という点が、応援してくださっている投資家さんとうまくやれてる理由かと思います。

考えてみると、僕の奥さんも夢を応援してくれて見守ってくれているので、投資家さんとスタンスが近い気がきます。時々めちゃめちゃ叱られますがw

上記は僕の話であり、あくまで ”相性" の問題なので、妥協せず自分と相性の良い "伴侶" を見つけることがポイントなのだと思います。


また、この度Forbesの『日本で最も影響力のあるベンチャー投資家ランキング1位』に選出された、高宮慎一氏(グロービス・キャピタル・パートナーズ)にピッチをする機会をいただきました。

こういった、ピッチの機会などを積極的に利用し、投資家さんフィードバックをもらい相性を確かめていくこと、を強くお勧めします。

↑上記のピッチイベントの結果はまたの機会にnote書きます。


まとめ

共同創業する前に 『プロジェクト』ベースで一緒に進めてみよう

共同創業する際は、創業者株主間契約書は必ず結んでおこう

- サービス作りは必ずユーザーの声を聞こう (ユーザーの求めるものを作る)

Why this Why now Why you を答えられるようになろう

- 結婚相手を選ぶように投資家さんを選ぼう

- ピッチイベントを積極的に利用し投資家さんにフィードバックをもらおう

テクニカルなことを言いましたが、何度失敗しても諦めない奴、リングに立ち続ける奴は最後には勝ちます。

勝つまで戦い続けましょう!



もしよろしければフォローお願いします🙇‍♂️ 今後も頑張ります😇


参考URL

スタートアップ共同創業者の見つけ方、付き合い方、別れ方https://www.slideshare.net/takaumada/how-to-find-your-best-cofounder?ref=https://note.mu/nr_tkg/n/n210091fea494

創業者株主間契約書のススメ(超基礎編) https://medium.com/@shionokamoto/%E5%89%B5%E6%A5%AD%E8%80%85%E6%A0%AA%E4%B8%BB%E9%96%93%E5%A5%91%E7%B4%84%E6%9B%B8%E3%81%AE%E3%82%B9%E3%82%B9%E3%83%A1-%E8%B6%85%E5%9F%BA%E7%A4%8E%E7%B7%A8-vol-1-3-9a0cdbd120b1

Onlab (Seed Accelerator Program) https://onlab.jp/programs/program-onlab/

シードステージのスタートアップが資金調達で聞かれる、3つの重要な質問https://500startups.jp/why/

資金調達入門“以前” スタートアップが資金調達の前に考えることhttps://www.slideshare.net/takaumada/before-fundraising-44447054?ref=https://note.mu/nr_tkg/n/n210091fea494

【VC激白】億単位の資金を5分のピッチで調達するためのセオリーhttps://newspicks.com/news/3488141/body/?ref=user_3302


全職種募集中!

私たちは、日本最大級の花嫁コミュニティアプリ”maricuru” とTENOHA代官山にて花嫁さん限定リアルスペース”maricuru park” を提供しています。変化の渦のど真ん中にいる僕たちが、産業をアップデートしてみせますよ。

一緒に巨大産業のアップデートにチャレンジしたいという方、高木まで連絡ください!COO、CFO、エンジニア、デザイナーをはじめ全職種募集中です!

高木の連絡先はこちら↓
Facebook    Twitter

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

27

高木 紀和 @ 全職種積極採用中

株式会社maricuru代表CEO。リクルート卒。起業後2度のサービス売却/4度の倒産危機を乗り越え、リリース半年で日本最大級の花嫁コミュニティAppに成長させ、TENOHA代官山にリアルスペースOPEN。ウェディング産業に関してや、スタートアップ運営での知見を投稿します🦄

#スタートアップ 記事まとめ

スタートアップが手がけたnoteが集まるマガジンです。スタートアップが読むべき、知るべきnoteも選んでいきます。
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。