風に恋う β版|第1章|02

 ---

 一年五組にはすでに多くの新入生が集まっており、顔見知り同士が集まってお喋りをしていた。同じ中学の生徒とはクラスが離れてしまった。果たして、この狭い教室の中で一年間上手く立ち回れるだろうか。そんなことを考えながら、自分の席を探した。

「――ああっ!」

 黒板に書かれた席順を頼りにきょろきょろとしていたら、すぐ近くでそんな声が上がった。

「大迫一中の歌うお茶メガネ!」

 知らない人ばかりのはずの教室で、自分を指さす人がいた。なんだよ《歌うお茶メガネ》って。でも、指さしてきた人物の顔を見て、基も「あー!」と大口を開けた。

 彼の茶色がかった明るい髪が、ステージの煌々としたライトの下では金髪みたいに見えるのを基は知っている。色素の薄い目はガラス玉みたいで、その目をきらりと輝かせて彼は演奏するのだ。

 春辺第二中学校吹奏楽部の、堂林慶太だ。パートはトランペット。地区大会、県大会では毎年のように見かけた。同じ中学生とは思えないような、大人っぽくてしっとりとした演奏をする。言葉こそ交わしたことがなかったけれど、基を始め、大迫一中吹奏楽部の面々は影で彼のことをこう呼んでいた。

「春辺二中の《いやらしいトランペットの人》!」

 言ってから、自分も充分失礼な物言いだなと思った。案の定、堂林も「なんだよそれ!」と切り返してくる。

「そっちこそ、《歌うお茶メガネ》って何ですか」
「大迫一中の眼鏡の茶園君だから《お茶メガネ》だよ。演奏にリスペクトを込めて、《歌うお茶メガネ》って呼んでるの。《いやらしいトランペットの人》よりはマシだろ」
「《いやらしいトランペットの人》というのも、リスペクトを込めて呼んでるんだけど」
「微塵も感じられないし! 入学式の日に教室で人のことを《いやらしい》って連呼しないで!」

 一呼吸置いて、基は改めて堂林慶太を見た。基と同じ、深い深い紺色の、黒色にも見えるブレザーに水色のワイシャツを着て、ブレザーと同じ色のスラックスを穿いて、ブルーのネクタイをして。間違いなく千学の制服を着て、一年五組の教室にいる。

「堂林君、千学だったんですね」
「そっちこそ」

 まさか大迫一中の《お茶メガネ》と一緒とはなあ……。自分の席にどかりと腰を下ろして、堂林はどこか忌々しいという顔をした。彼にそういう顔をされるのは、悪い気はしない。一応この人は、自分を《厄介な奴》と思っているのだろうから。《お茶メガネ》というあだ名は納得いかないけれど、演奏を《歌う》と言ってもらえるのは、結構、嬉しい。

「《お茶メガネ》じゃなくて、茶園基です。今日からよろしく」

 右手を差し出すと、彼はちらりとその手を見て、静かに握手に応じた。三年間もコンクールで互いの存在を意識していたのに、握手をしたり言葉を交わすのは初めてなんて、妙な気分だ。

「同じクラスってことは、これから少なくとも一年間は、茶園と四六時中一緒にいるってことか」

 基の右手から手を離した堂林が、そんなことを言う。

「堂林君、やっぱり吹奏楽部に入るんだ」

 この言い方で、彼には充分伝わるだろうと思った。事実、彼は数瞬おいて、ガラス玉のような目をこちらへ向けた。

「茶園、吹奏楽部入らないの?」
「帰宅部か、もしくはゆるそうな文化部に入ろうかな」
「はあっ? マジかよ。お前、千学入ったのに吹奏楽続けないわけっ?」

 一度椅子に腰を下ろした堂林が再び立ち上がり、基の方に身を乗り出してくる。頷くと、奇妙な生き物でも見るような顔をされた。ああ、彼もなんだ。ひやりと冷たさの差した胸の内を悟られぬよう、基は頰に力を入れてはにかんだ。きっと堂林慶太もまた、千学に憧れを抱く一人なのだ。

 基の通っていた大迫一中は、全日本吹奏楽コンクールを目指しながらも県大会や西関東大会で敗退してきた。一方堂林のいた春辺二中は三年連続全日本出場の強豪校だ。そんな彼が千学で吹奏楽を続ける理由なんて、憧れ以外にあるわけがない。

 今の千学の吹奏楽部は、強くもなんともない。過去の栄光が輝かしすぎて、その光に埋もれて姿が見えなくなってしまった。

「親に大学行けって言われてるから、大学進学に力入れてる千学にしたんだ」

 千学は私立高校らしく受験指導に熱心で、進学実績もここ数年上がっている。憧れだった吹奏楽部が千学にあるのは、たまたまだ。たまたま自分の高校選びの条件に合っていただけ。

 納得できないという顔の堂林に話して聞かせながら、何だか言い訳がましいなと思った。おかしいな、吹奏楽への未練はすっぱり断ち切ったつもりだったのに。

「なんだよ、吹奏楽やめちゃうのかよ。あんなご大層な動画までアップしてたくせに」
「動画?」
「そうそう、格好つけちゃってるお茶メガネ君の動画」

 制服のポケットからスマホを取り出した堂林が、親指を素早く動かす。動画、動画、動画……。何かあったっけと思い返して、三月の定期演奏会に行き当たった。そういえば毎年、定演の動画を短く編集してネットにアップしていたっけ。

「先月の定演のこと? 『宝島』吹いてた奴」
「定演? 違う違う。その動画もあったけどさ、俺が言ってるのはこっち」

 ほい、とスマホの画面を見せられる。

 そこには確かに茶園基がいた。寒々しい屋外でこちらに背を向けてアルトサックスを吹いていた。大きな噴水から水しぶきが上がり、周囲の淡い照明にきらきらと光る。光をまとった雪が舞っているようだった。

「歌いに歌ってる動画だろ? 吹部の後輩から回ってきてさあ。『これ、大迫一中の《歌うお茶メガネ》さんに似てません?』って」

 にやにやと笑いながら、堂林はうるさくない程度に音も聞こえるようにしてくれた。演奏されているのは間違いなく――。

「『夢やぶれて』だ……」

 画面の中の基はほとんど背中しか写っていないのだが、ところどころ横顔が覗く。基を知る人が見れば、これが茶園基だとわかってしまうだろう。

 動画のタイトルは、「夢破れて全日本吹奏楽コンクールに行けなかった中三が『夢やぶれて』を吹いてみました♪」という実にふざけたものだった。特に《♪》が腹立たしい。全日本コンクールに進めなかったことも、三年間の努力が実らなかったことも、すべてが《♪》によって軽々しくなる。「また高校で頑張ればいいじゃない」と、そう言われている。

 堂林のスマホを引っ摑んで、基は教室を飛び出した。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます。
25

額賀 澪 NUKAGA Mio

小説家。最新刊『風に恋う』発売中。2015年松本清張賞・小学館文庫小説賞受賞。既刊『屋上のウインドノーツ』『ヒトリコ』『タスキメシ』『さよならクリームソーダ』『拝啓、本が売れません』など。詳しくは>>>http://nukaga-mio.work/

『風に恋う』β版|額賀澪|試し読み

7/13刊行の音楽×青春小説『風に恋う』(文藝春秋)の校了前の文章(β版)です。ほとんど初稿の状態です。なので、誤字脱字など、未校正の部分がありますことをご了承ください。(『拝啓、本が売れません』(KKベストセラーズ)に先行掲載したものとほぼ同じ内容です)イラスト:hiko
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。