風に恋う大ラフ

風に恋う β版|第1章|03

---

 階段を二階から四階まで駆け上がる。四階は三年生のフロアだ。

 迷わず三年二組の教室まで行き、まだ担任が来ていないのを確認して、扉を開けた。

「玲於奈っ!」

 鳴神玲於奈は、すぐに見つかった。入ってすぐの後方の席で、友達とお喋りしていたから。

「これ、玲於奈だろっ」

 詰め寄って、堂林から奪ったスマホを見せる。とっくに再生は終わっていたけれど、玲於奈はそれが何の動画なのかすぐに理解した。明らかに口がにやついている。

「えー? 知らない」
「知らないわけないでしょうが! これ見たの玲於奈しかいないんだから」

 そもそも動画を撮影した人物の立ち位置からして、玲於奈以外有り得ない。

「可愛い幼馴染みの勇姿をネットの世界に残しておこうと思って」
「ネットリテラシーって言葉の意味わかってるっ?」
「いいじゃない、別に顔と名前がばーんと出てるわけじゃあるまいし。定演の動画の方がよっぽど誰が誰だがわかるようになってるんだから」
「早速クラスメイトにばれてるんですけど!」

 玲於奈は「え? 噓ぉ」と目を丸くした。そのままスマホの画面を覗き込んで「あっ」と声を上げる。

「凄い、アップしたの一昨日なのに、思ったより再生回数行ってる」
「嬉しくもなんともないから!」

 肩で息をする基に対して、玲於奈は近くにいた友人に「こいつ、私の家の隣に住んでんの」と基を紹介し始めた。

 そのとき、廊下から名前を呼ばれた。

「おーい、お茶メガネ!」

 人のことを市販のお茶みたいに呼ばないでほしい。

「いきなり四階に駆け上がってくから、どうしようかと思った」

 いそいそと三年二組の教室に入ってきた堂林は、玲於奈に小さく「どうも」と会釈して、基の腕を摑んだ。

「スマホ、俺のスマホ返して」

 ていうか、もう先生来るから。教室戻ろう。ぶつぶつとそう言いながら、基を教室の外に連れ出そうとする。

 そんな彼を指さしたのは、玲於奈だった。

「君、コンクールで見たことある。春辺二中の《いやらしいトランペットの人》!」

 玲於奈が大声で言うもんだから、近くにいた三年生達が一斉にこちらを見た。堂林は、基のときのように「なんだよそれ!」とは言わなかった。

 代わりに、弱々しい抗議の声を喉から捻り出す。

「……勘弁してくださいよぉ」


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます。
19

額賀 澪 NUKAGA Mio

小説家。最新刊『風に恋う』発売中。2015年松本清張賞・小学館文庫小説賞受賞。既刊『屋上のウインドノーツ』『ヒトリコ』『タスキメシ』『さよならクリームソーダ』『拝啓、本が売れません』など。詳しくは>>>http://nukaga-mio.work/

『風に恋う』β版|額賀澪|試し読み

7/13刊行の音楽×青春小説『風に恋う』(文藝春秋)の校了前の文章(β版)です。ほとんど初稿の状態です。なので、誤字脱字など、未校正の部分がありますことをご了承ください。(『拝啓、本が売れません』(KKベストセラーズ)に先行掲載したものとほぼ同じ内容です)イラスト:hiko
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。