沼乃ぬこは 結婚 をしました。

noteへの投稿は大分ひさしいです。ここに残っている記事からは随分時間が経ってしまっていますが、そこから変わらない気持ちも、些細な変化も、たくさんあります。

一度、まとまった文章で、私なりに真面目に、ここを更新したいなと思って一ヶ月以上が経ってしまいました。

表題の件です。

7月に、結婚をしました。入籍をしました。

正直、こういうことをネットにアップするのを迷っていました。しかし、今までコスプレは趣味だと言って続けてきたものの、最近ではお仕事として活動することも増え、少しずつですが確実に私の環境は変わってきました。今後の自分の活動をしていくうえでは、大切な節目になることを感じているので、きちんと記させて頂きます。


実は数ヶ月前に、アイドル活動のオファーがありました。事務所に所属し、コスプレを売りにして、海外での活動も多く行っていくこと。わたしはその時、二つ返事で、「やりたいです!」と答えました。コスプレもできて、海外での活動もできる、まさに私がやりたかったことだし、アイドルとしての歌や踊りは頑張って練習をすれば……!と前向きな事柄しか出てこなかったから。ですが、その時、事務所の方は一週間後にまた気持ちを聞くから、その時までに気持ちが変わっていなかったら、やろう、と仰ってくださいました。

もちろん、その時にアイドル活動をしていくうえで、必要なこと、日々こなさなければならないこと、守らなければいけないこと を伺いました。アイドルは、ファンの方があってこそ。改めてその重みを感じましたし、毎日のネット周りの更新や配信なども、自主性がなければ正直かなり負担は大きいのです。

そして、鉄板ですが、”恋愛禁止”の鉄の掟。事務所によるとも思いますが、やはり、これは基本のようです。これに関しては、当然だと思います。アイドルという存在、とても華やかに見えるけど、彼女達は心と身体を消耗して、身を挺して、私生活を捧げて、アイドルをしている。本当にやりたいのであれば当然のことかもしれないけれど、やっぱり、大きな覚悟が必要です。覚悟と熱意。これがなければできないこと。そして、この一番大事なものを揺るがせてしまうのが、”恋愛”。自分も、身を以て体感しました、だからこのルールが以前よりも とても 重たく感じます。ひとの行動と感情を切り離すのは本当に難しいことです。わたしにはそれができませんでした。

「本当にアイドルをやる覚悟があるのか?」

何度も自分を問いつめたら、根をあげました。覚悟が足りない。やりたいかって言われたらそりゃあやりたいけれど、でも、今……。「でも」が出て来た時点で、やっぱりなんか、ちがいますよね。そして、いつもこういう決断をする時に思うのが、「本当にやりたいことだったら、もうやっているのでは?」ということ。

いままで、コスプレイヤーとして、活動をしてきて、何が出来て、何が出来なかったか。何が嬉しくて、何が気持ちが悪く感じたか。

作品を表現する、好きなキャラクターのコスプレをして楽しかった、色んなひとと色んなことがあった。大好きなともだちに出会えたり、つらいときも救われたり、このコスプレに関わって来た6年間、ほんとうに大きいです。

苦手だったこと、出来なかったこと。お金が絡むこと。ファンとアイドル、というような構図。「沼乃ぬこ」をアイドル的なコスプレイヤーにしてあげられなかったこと。自分を売り込むこと、わたしを応援して!っていう積極的な宣伝。

アイドル、ずっと憧れたんです。歌って踊ってキラキラしていて、元気をもらえて、ステージとか本当にパワフルで。だから自分がコスプレをしていて、応援してもらえることで、なんとなくその気分を味わえているようですごく気持ちがよかった。でもなんか、中途半端で。そのことがずっともやっと残っていました。

やっぱり、私はアイドルにはなれませんでした。

私生活を捧げて、やりたいことを意地でも叶える、そんなひとに憧れていましたし、自分もそういう人間だと思いたかったみたいです。

こんな気持ちを、今年3月、大学を卒業した時にも感じました。美術をやって生きて行くことは、本当に、苦しいことが多くて、僅かな自分にとっての希望を信じて戦い続けていく、私にはアーティストの方々がそう映っていました。

私は、アーティストにはなれない。

そうやって、ひとつひとつ自分のことを思い返して行くと、

何かを目指しているようで目指せていなくて、環境づくりをして満足をすることどまりだったように思います。

アイドルにも、アーティストにもなれない自分は、「普通」が捨てられなかった。いわゆる一般的な、「普通」(≒私生活)の幸せ・生活に憧れる、「普通」の人間なんだと思い知らされました。

「普通」の幸せと生活に憧れる、と書きました。

アイドルにも、アーティストにも、「普通」の幸せにも憧れた自分は、とにかくやりたいこと、やってみたいことが多かったみたいですね、それを不器用なりにちょっとずつ、かじり続けて来た。器用貧乏です。でも、もう選ばないといけないんだと わかりました。どれも、もうここから先は、自分一人の選択だけで進んだら、今後 後戻りがきかず色んな方々に迷惑をかけてしまうことになってしまうからです。

わたし、昔からずっと男勝りというかサバサバしていて、元気!なイメージで、女の子らしいものも好きだけどなんか恥ずかしくてできなくて、そういう自分がむずかゆくて。だからそういう、自分が女の子らしく振る舞えるひとって全然いなくてですね。唯一自分が女の子として振る舞えるひとには、昔 働き先で出会ってから 三年近く片思いをしていて、その上何回も振られていて、相手にはずっと特定の誰かがいて、もう全然 無理だったんです。状況的に。でも、人生でこんなに誰かのことを好きになったのは驚くくらいはじめてで、全く諦められませんでした。それからのことも、本当に"色々"ありました。正直、嘘みたいで、奇跡なんじゃないかと思っているのですが、結婚相手は、ずっと好きだった その人です。 私に、「普通」の幸せと生活を選ぶ覚悟をくれました。



結婚は、”卒業”か?

先日お仕事をご一緒したアイドルさんのマネージャーさんに、「結婚するということは、コスプレもやめるのか?」と、聞かれました。

コスプレは続けます、趣味ですから。

コスプレイヤーは、なんとも中途な立場です。いろいろな方がいますから。

中途半端だけど、中庸でいたい。自分の今までを振り返っても、なんかそんな感じなのかなあと思います。誰のことも傷つけたくないし、なるべくみんなで笑っていたいです。

最後に、今まで 沼乃ぬこ を応援してくれた方、本当に有り難う。感謝が尽きません。こういう報告をして、ごめんなさいとは言いません。最初から、私はただのコスプレイヤーですから。でも、本当に、感謝 しているんです。これからも、活動は続けて行きます、また、どこかで会えたら良いな、嬉しいなと 心から思っています。


長くなりましたが、ここまでよんでくれて、ありがとう!

まだまだわたしは、自分に出来ることの可能性をのばしていきます。



沼乃ぬこ





この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

22

沼乃ぬこ

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。