やすぴよ

ちょっぴりシュールな短い読み物を書いています。クスッとニヤっとしていただけると嬉しいです。日々の出来事や大好きなハンドメイドも綴っていきたいです

断片小説 隣の物置き小屋

2月に入り、ずっと強風が吹いていた。

暫くはなんの音かな?うるさいなあ。とおもっていたがあまり気にせずに荷物の整理をしたり、かえる親子が酒風呂に浸かったり、牛が入浴剤を使い気持ち良さそうに風呂桶に浸かっていたし、売れないイカのミュージシャンもリサイタルを行ったりしていた。

洋裁店の部屋から
カタカタカタカタカタカタカタカタ
カチカチカチカチ

カチカチカチカチカチカチカチカチ

もっとみる

断片小説 柔らかい

夫と食材を買いに来た。
野菜や肉や魚をかごに入れて行き、夫は惣菜コーナーで何か言っている。
「柔らかいナリ、柔らかいナリ」
コロ助か!
「何が柔らかいの?」
夫が手にしていた物は、柔らかいなり寿司だった。



#断片小説
#柔らかい
#いなり寿司