見出し画像

noteをはじめたら新しい世界の扉が開けた。

『にいちゃん、note書いてみたら?』

弟が何気なく発した言葉を、2か月近く私は寝かせたと思う。
それは普通の”にいちゃん”が書いたところで誰が読むの?自信もなければ、何を書いて良いかもわからない、不安な想いから。

そんな自分を後押ししたのは、ぬま田海苔に来てくださるお客様でした。
『毎回いろいろと話聞くけど、人に説明しようとすると忘れてる(笑)。だからどこかに詳しい説明を書いてくれないかな?』

なるほど、これはまずい。
何せ店で話す私と母の薀蓄はSNSやWEBサイトで書ききれない量。
よし、店で話しまくる内容をここ(note)に書き残そう。

それが私が最初に開いたnoteの扉。
2019年、3月のこと。

【WEBメディアの扉】

最初の投稿後、すぐに開いたのはWEBメディア『和樂』さんの扉。
ライターの白方さんから即座に連絡が来ました。
日本の伝統を新しい視点や発信で表現する和樂さんから...ぬま田海苔としては非常にありがたいオファーでした。
白方さんの記事はとにかくわかりやすい!読みやすい!取材慣れしておらず、あちこちに散らかった私の話を上手にまとめてくださっています。
読んでいて、すーっと入ってくるとはまさにこのことですね。
素敵な2本の記事はこちら。

同じくWEBメディア繋がりではCOREZO! ASAKUSAさん。
やはり私のnoteをみて、興味を持ってくださったとのことでした。

ライター中村さんに書いていただいたのはこちらの記事。
下町育ちの中村さんだから書ける、人情味のある素晴らしい記事。

前職の仲間からも『当時の情景が見える』『ぬまっちらしく今も頑張っているね』と好評でした。
地元のメディアに紹介していただいたせいか、この記事をみてすぐに海苔を買いに来てくださった方も。地元の応援は本当に心強いですね。

また、WEBにお問い合わせいただいたご縁で、haconiwaさんにもご紹介いただきました。デザインやアートなどに対して感度の高いキュレーターさんに見つけていただき、パッケージにもこだわっているぬま田海苔としてはとても光栄ですね。

【料理家さんの扉】

私が2本目に書いたのはこちら。


海苔の等級について深掘りしたこの記事をみて、お店に来てくださったのはnoteでもおなじみ料理家の樋口さん
『究極のおにぎりに合う海苔はどれですか?』とそれぞれの海苔を食べくらべ。
産地での違いは知っていたものの、漁場や等級によっての違いにはびっくりされたそうです。
最終的にお買い上げいただいたのは初摘みの旨味がぎっちりと詰まった《芦刈壱重1》
樋口さんの記事でもご紹介いただいています!前半のおにぎりはもちろん、後半の海苔とのフードペアリングパートもおすすめ。樋口さんの物理学者の様な分析が凄い。

そしてこれを機に、多くの方々がぬま田海苔へ足を運んでくださるようになりました。
樋口さんのファンの方、料理に関係する方、農家の方まで、本当に様々。
思い返せば樋口さんの目に止まったのもnote運営やユーザーの皆さまが注目してくれたから。
noteって凄いな...
この頃ようやくそのポテンシャルを知る。

スープ作家の有賀さんも、cakes内でぬま田海苔を使ってこんな記事を書いてくださっています。有賀さんの記事は読んでいるだけでも心が温まってきますね。

【近隣店舗の扉】

立て続けに開いた扉。でもこれは本当に自分が開いた扉?
むしろ向こう側から開けてくれた扉では...

オファーを待つばかりではなく、自分から飛び込んで行こう。
うん、そのためには取材だ!
そして書き上げたのは合羽橋、浅草の気になるお店を巡った記事。

この取材を通じて、多くの新しい扉...むしろ道路が開通されたような感覚。
今や月1で飲みあう、刺激や学びをくれる仲間もここから。
近隣のあちらこちらに仲間がいる、と勝手に思っています。(笑)

【Radioの扉】

そしてまさに最近開いたのは『J-WAVE』さんの扉!!


9月21日 (土) 21:00~ 市川紗耶さんナビゲート『TRUME TIME AND TIDE』に出演させていただくことになりました。きっかけはフジTV『なりゆき街道旅』『note』だそうです。
J-WAVEのディレクターさんがTV放送で『面白い海苔屋があるな』と気になり、私のnoteで詳細を確認してくれたことがオファーに繋がりました。
各業界の革新的な取り組みをしている方を紹介したい、そのコンセプトに海苔のシングルオリジン提案や、海外客への初摘み海苔とチーズ&バターのペアリング提案などがうまくマッチしたようです。

憧れのRadio boothにいる自分、目の前には市川紗耶さん。
市川さんが海苔を食べくらべしてくれている!!
こんな夢みたいなことってあるんですね。

【ここから。】

noteを書いてからのこの半年。
あまりに素晴らしすぎて、出来過ぎだと思ってしまう。
正直な気持ちを言うと、Radio boothに座るなんてまだまだ早いだろうと。
不釣り合いな自分に対してもっとやらねばとの危機感。

だから収録で選曲した曲も、真実にしては良すぎる!まだまだ成長しないといけないぞ!と日々モチベーションアップに繋げている曲です。

大切なのはここから。
一体いくつの新しい扉を開けるか?
自分たちが成し遂げたい目標のためには、まだまだ扉を開けないといけない。
海苔というツールを使って、日本の伝統食の素晴らしさを日本、世界に発信していくという目標に向かって。
美味しい海苔たちが、世界中の食卓に幸せを運んでくれるように。

画像1

noteを書いてよかった。
普通の”にいちゃん”である自分に、新たな繋がりや成長をくれたnoteに心から感謝したいです。

さあ、ここから。
という訳で42歳からツイッターもはじめてみました。

どうぞこれからもゆるりとお付き合いください。

------

画像2

《ぬま田海苔 合羽橋本店 店舗情報》
〒111-0035 東京都台東区西浅草3-7-2
05017459617
[営業日]
月 / 火 / 木 / 土 / 日(11:00〜17:00)


この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

最後まで読んでいただき、本当にありがとうございます。これからも皆様に海苔の魅力や合羽橋の楽しさをお伝えしていきます。どうぞよろしくお願いいたします。

書いて良かった...ありがとうございます。
168

沼田 晶一朗 / ぬま田海苔 合羽橋本店

株式会社NUMATA HARUO SHOTEN、ぬま田海苔 4代目当主。前職はGap Japan、17年勤務したのち実家の海苔屋へ転職。海苔のこと、かっぱ橋のこと、お伝えしていきます。https://numatanori.com/ Twitterは@numatanori1937

note編集部のおすすめ記事

様々なジャンルでnote編集部がおすすめしている記事をまとめていきます。
3つ のマガジンに含まれています

コメント3件

好きな食べ物は?と訊かれて「海苔」と答えると、「え?」と言われてしまいますが、沼田さんの記事に勇気をいただきました!!
海苔とnoteと新しい扉、素敵な組み合わせです。
私は色とデザインについてnote始めたばかりですが、いつか海苔の色についても書いてみたいです。
Akiさん、コメントありがとうございます!好きな食べ物が「海苔」だなんて嬉しすぎます!!いつかお時間ある時、食べくらべしにいらしてくださいね。
海苔の色は一見黒いだけに見えますが、グレーや緑、赤みがかったものなど様々です。いつかnoteで書いてくださる事を楽しみにしていますね。
沼田さん、返信ありがとうございます。ぜひぜひ伺わせていただきます(*‘∀‘)
色のコメントまで、、、嬉しいです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。