Android におけるセグメンテッドコントロール

iOS ではセグメンテッドコントロールというものがありますが、Android にはありません。
iOS ・ Android 両 OS のアプリのデザインを考えるときに iOS でセグメンテッドコントロールを採用したが、Android ではどうするべきなのかについて考えてみました。


iOS でセグメンテッドコントロールを採用した場合、Android 側は基本どれかの対応になるのではないかと思います。

・Tab を使う
・セグメンテッドコントロールを自作する
・Android を目的は同じで違うデザインにする

ここで注意して欲しいのはセグメンテッドコントロールの代わりに安易に Tab は使うべきではないということです。


セグメンテッドコントロールと Tab は見た目は似ているのですが、役割が違います。

Tab は情報を並列で扱います。音楽のジャンル毎に Tab を使うのが一番イメージしやすいと思います。
セグメンテッドコントロールは情報の絞り込み、画面の切り替えで使います。ランキングで 今日 / 昨日 / 1ヶ月 と切り替えたり、iOS 標準のマップアプリではマップの表示切り替えています。

セグメンテッドコントロールと Tab の違いはこんな感じになると思います。
例えば情報の絞り込みの目的でセグメンテッドコントロールを使うとしたら、Android ではラジオボタンでソートさせるといったデザインにすることも候補に入ります。異なるプラットフォームで見た目が似ているからといって目的が違うものを使うべきではありません。


少し話がそれますが、このプラットフォームの違いをデザイナーがすべて理解しないといけないとは思いません (理解しているに越したことはありませんが)。プラットフォームでのデザインはエンジニアの方が詳しかったりするので、エンジニアがきちんとプラットフォームにあったデザインに導くほうがいいと思っています。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

16

NUmero

#デザイン 記事まとめ

デザイン系の記事を収集してまとめるマガジン。ハッシュタグ #デザイン のついた記事などをチェックしています。広告プロモーションがメインのものは、基本的にはNGの方向で運用します。
1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。