よせばいいのに動画を検索してまた泣いた

こんばんは。

本日は
平昌冬季オリンピックでなかなか大きな出来事が起こったようなのですが
例によって話題にさっぱり乗れていない上、
少し聞きかじったところでは確かにそれは素敵なニュースだと
思うんだけれど
思うからこそ

全然日頃見向きしてない私がそれについて触れるのも失礼な感じがするので
(そもそもうまく語れまい)

あの

我らが広島東洋カープの話を。

梵英心選手
という素晴らしい内野手が我らがカープにいたのですが
昨今の若手の充実っぷりとか
他にもいろいろな要素があったのでしょう、
惜しまれながら昨シーズンで退団してしまったのですな

「引退」ではなく、「退団」。

すなわち
現役続行のために、新天地を探すことになったわけですが

なかなか「次」が決まらず、決まらず

そして本日
マイアミに旅立ったそうなのですな

ご本人のとてもスタイリッシュなInstagramにも
その様子はアップされていますし

元カープのトレーナーだった、カープファンにはおなじみの
「鈴さん」の投稿だともっと具体的に語られていて



…この辺り
多くのカープファンの皆様と共有できる感覚だと思うのですけれど
どうか幸あれと願わずにはいられないのですな

具体的に書き始めると止まらないのでこの辺りでストップしますけども

2013年の、梵選手の、あの3塁でのガッツポーズを忘れない。

(泣けてきた)


ああ、スタートが来るのだな
プレッシャーや不安を押し殺しあるいは跳ね返して
進んでゆく人たちが
こんな風に今、大勢、いるのだな



なんだかな

あぁやっぱり春のこういうところは苦手です






いった風な本日の新作は
チェコビーズのネックレスです

「はるつむぐ」(minneCreemaBASEtetote

先日アップしたピアスと対になるイメージで作ったもの

ですが
ショップの説明文ではそのことには触れませんでした

というのも、
合わせて使ってもなんらおかしいところはないのは
きちんと並べて試したので間違いないんですけど、

ですけど。

作っている途中までは
あと、
ネックレス単体の白バック写真を撮っているときまでは
そんなこと思わなかったのですが

一番上のね、着用写真を見ていて
なんだかピアスとは抱く感覚が少し違うことに気がついたのです


今回も、5弁の花びらのあるこの金具も
ビーズと並ぶようにメインとして扱いたくて
他のネックレスとは違って、
「いつもの」大粒のチェコビーズは使わないようにして

そして、紫からピンク、淡い黄色と緑っていう、
柔らかめ、ほんのり感のある色を選んでいて

構成要素としてはそんなに変わらないはずなんだけれど


おそらくもう
「ネックレス」であるがゆえの宿命でどうしようもないのでしょうが、

実際に首筋にこれが配されると、
華やか過ぎないがゆえに帰って醸し出す妖しさ、生々しさ、
というのが

薫り立つように迫ってくるのですな…


ショップの説明文を書いている時点では
まだまだ私自身が「ええええ〜」と動揺していて
全然上手く描写できていないんだけれど

(逆に言うとなんとかして形にしようとしているのが面白くもあり)


これは多分
メイクアップなどでも共通して言えることな気がしますが

「ツヤ感」とか、「血色」とか言ったところの
突っ走る方向を少しだけ変えてやると

派手にはならないんだけど、言い知れぬ「圧」が出てくるんではないかな


ポイントとなるのは「圧が出る」方ではなくて
「派手にはならない」って方。

一見すると分からないのですよ、その不思議な雰囲気に。

けれども
一度気づいてしまうと、目が離せなくなる
(けどセクシーさを感じ取っているので果たしてこのまま見続けていいのかという猛烈な葛藤に苛まれながら目が動かせないみたいな後ろめたさ)

なんだかな、
それってすごく上級なテクニックっぽいので
私などは今回のように偶然の産物としてしか作り出せず、

いや、貴重な体験をしました

どっしりと
私はもう何にも揺らがないわ
何処からでもご覧なさい

という自信満々な方にももちろんつけて欲しいのだけれども

実はビクビクなんです
っていう私の同志のような性質の方にこそお勧めするかも

胸を張って進むためにね


さて

明日は復活販売です
光の加減で色味が変わるもの

これも、楽しめる気温へになるのだな


2018.2.16. nuta design





この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

感謝の極み。
6

nuta design

製作の記録2017.11.6.〜2018.2.21

アクセサリーについて、ショップに載せられなかった話や補足、余談。完売してすでに無いものの話もそのまま残っています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。