noteのためにVプリカを作った話

noteの購入にはクレジットカードが必須なのでカードを持たない人にはハードルが高い。でもデビットカードやVプリカも使えるので…というやりとりを見て、デビットはともかくVプリカとは?と興味を持ちました。

名称や文脈からプリペイドであることはわかるけど…と調べるとVプリカは

・VプリカのVはVisaのV。Visaカードが使えるところならどこでも通る。
・日本国内在住の18歳以上であれば審査なし。
・実物のプラスチックカードの発行なし。
・アカウント開設してチャージすればすぐにクレジットカードとして使える。
・チャージの方法は別のクレジットカードで決済、コンビニ支払い、銀行振込。

とのこと。なるほど、じゃあnoteの購入用に作ってみようかなと思いたちました。私自身は普通のクレジットカードを持っているものの、投げ銭感覚でポチるものと日用品を購入するカードが同じというのもなんだなーと思っていたのもあって。そしてそれをnoteに書けばいいと思った。うんうん。

まずVプリカトップページからアカウント開設。メールアドレスを入力して登録すると本登録のためのURLが届きます。

・カードホルダー名(名義人)
・姓名
・性別
・生年月日
・電話番号(携帯可)
・居住地(都道府県)
・ログインパスワード
・秘密の質問

…あれ?これだけ?という感想。住所は聞かれないんですね。もちろん電話確認があるわけでもないし。

カードホルダー名は普通のクレジットカードのようにTARO YAMADAのような空白を含むものでなくニックネームなので注意。ただしこれ、ログイン名ともまた違いますのでそれも注意。

無事アカウントが開設されたらさっそく入金します。この日ちょうど出先でミニストップが目の前にあったので今回はコンビニ支払いで。ベビーカー押してロッピー端末に向かい、スマートピット番号をポチポチ。レシート持ってレジへ。

ただ金額に応じた手数料、私はこれを見落としていたのでレジで支払う時にアッと思いました。クレジット決済に使えるウェブマネーくらいの意識だったので、5000円に対する200円ってけっこうでかいなーと…。(でも銀行振込やらY!かんたん決済、あるいはATMで簡単に飛んでく金額でもある。こういう「手数料」をどうムダなくするかも現代の節約術ですねえ。)

それにしても実物のカードが来るわけでもないのにデザインを選ばなくてはいけないというのはちょっと笑ってしまいました。まあ例えばメールやTwitterやらアカウント別にインタフェースの色を変えて操作ミスを防ぐとかその程度の意味あいを持つのでしょうか。

とりあえずVプリカ使えるようになるまで、ここまですべてスマホですみました。(ところで横幅の狭い画像を貼ったときに文章の幅にあわせて拡大されてしまうのはなんとかならないんでしょうか…)

noteのアカウント設定でカード情報をいま作ったVプリカに書き換え。問題なく通ります。ではさっそく購入してみますか。高野寛さんの音楽にポチっと。

先払いしたぶんしか使いようがないというのは自分の使いすぎ防止にも、セキュリティな意味でも安心。カードを持たない主義の人の理由には後払いに抵抗があるというのがあるでしょうけど、この形式ならいいですね。

とはいえ購入時の手数料を考えるとデビットカードが良いかもしれない。ただデビットカードは対応する銀行も少ないし発行の手間があるから…うちも近いうち自分と夫のゆうちょデビットを作って個人の娯楽的な買い物は各自の口座にあるぶんから、という形式にしたいと思ってるんですがなかなか手続きに行けてないです。

…とここまで紹介したVプリカですが、意外な落とし穴がありました。カード有効期限が1年だけなんだなあ、最後に端数があったらどうするんだろう、と詳細を知るためFAQを読んでいたら見過ごせないことが書いてありました。

『Vプリカを発行したまたは最後に利用した月から、未利用のまま3ヶ月を経過した場合、未利用残高の管理費用として、翌月25日に月額125円(消費税込)を休眠カード維持費として、Vプリカの残高より減算させていただきます。』

『休眠カード維持費は、未利用の状態が続く間、残高が無くなるまで差し引かせていただきますのでご了承ください。』

ええええー!3ヶ月放置で手数料とられるって!見過ごせないというか思いっきり見落としてたのか私は。3ヶ月、意外と早いからなぁ…。最初にnoteポチポチ買ったけどそれから日々に忙殺されてそのまま忘れて維持費をとられ続け残高0 or 失効…想像に難くない。

VプリカのFAQでは最後に端数が発生した場合にどうするかの回答はチャージするかVプリカ同志を合算することができます、ということですが、Vプリカ自体の利用をやめたい時最後にどうするかの答えにはなっていません。これについてはVプリカについて書かれた記事で「AmazonでEメールタイプのギフト券を買い自分に送る」というスマートな方法が紹介されていましたのでここに記しておきます。Vプリカにさよならしたい時はこれで。

それではよい投げ銭ライフを。最後まで読んでいただきましてありがとうございました。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

69

nyahgo

note便利帖

あなたのnote生活をサポートするためのマガジンです!noteで困った時は、このマガジン内の情報を漁ってみてください。
4つのマガジンに含まれています

コメント8件

印度林檎之介さん、良かったです!ありがとうございます!
おおういぶきさん、おっしゃるとおりですね!
僕もクレジットだけかと思っていたので勉強になりました。もっと色んな支払い方法が出来るくらい、ここがメジャーになるといいですね
皆さま不在の間のコメントありがとうございました。こんな記事書いておきながら4日前にさっそく維持手数料125円を引かれてて苦笑いです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。