UCL決勝と戦術のトレンド、クラブ経営について

こんにちは、にゃんざきです。

2018-19シーズンを締め括るUCL(=欧州チャンピオンズリーグ)決勝はリバプールの優勝で幕を閉じました。

試合は先制点のハンドなど、疑問こそ若干ありましたし英国誌などでは試合展開から『退屈な決勝』などと揶揄されました。

ただ、これについてはカップ戦決勝ということもあり、膠着するのは仕方のないことだし、リバプールはプレミアで1敗しかしていないのに2位という結果に終わり、UCLについては絶対に獲る!という気負いもあったのかなと思います。

トッテナムも大会がUCLになってから初の決勝進出ということで、浮き足だってしまった=普段のアグレッシブさを出すのは難しかったのかな、と結果から感じました。

この続きをみるには

この続き:1,078文字

UCL決勝と戦術のトレンド、クラブ経営について

にゃんざき

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

にゃんざき

サッカーに関することを書く38歳です。 欧州、Jリーグの記事や選手育成、クラブ経営など…さまざまな内容を書いていきたいと思います。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。