見出し画像

HR&会計・財務EXPOレポート!みんなが感じた「出展で得られたもの」を聞いてきた

こんにちは、広報の稲増です。
東京ビッグサイトで5/29〜5/31に開催されたHR EXPO会計・財務EXPOと。当社とグループ会社のMF KESSAIが出展していました。「盛り上がりがすごいから、ぜひ見に来て欲しい」と広報の私も呼ばれて、最終日に滑り込みで行ってきました。
 
最終日で残り時間もあとわずかという状況にも関わらず、会場は人、人、人、すごい人!当日の様子をお伝えするとともに、EXPOを通じて得られたことを聞いてきました。

人だかりになっていたHR EXPOのブース

『マネーフォワード クラウドシリーズ』では、会計ソフトの他にも給与計算ソフト『マネーフォワード クラウド給与』と、勤怠管理システム『マネーフォワード クラウド勤怠』など、人事労務領域のバックオフィス業務をカバーするサービスを展開しています。

「今からプレゼンが始まるから見にきて欲しい」と言われて行ってみると、ブースは人だかり。残業時間や有給休暇の取得義務など働き方改革関連法施行の流れもあって、勤怠管理システムを見直す機会と考えている人事労務担当の方も多いのかもしれません。

1日目に話したお客さまから翌日に連絡がくるほど

ブースを担当していたメンバーの話を聞いてきましたが、お客さまの熱量の高さやサービスへの期待感を知ることができて「楽しい」という雰囲気が伝わってきました。

■北海道支社から駆けつけた支社長の平野さんと古府さん

平野さん「本当にありがたいことに、ブースはずっと満員状態です。紙やExcelで勤怠管理を行っているお客さまも多く、働き方改革に合わせて勤怠管理を見直そうという企業の関心の高さを感じました!

遠方から来ているお客さまに対しては、地方支社をご紹介することで、地方でも継続的なサポートができる点をお伝えし、安心していただくことができました。今回、地方支社を代表してEXPOに参加して良かったです!」

古府さん「お客さまがバックオフィス業務に関して悩みを抱えていて、当社サービスに期待しているということを再認識できた3日間でした。

実際に、1日目にお話したお客さまから翌日に「改めて話を聞きたい」と連絡を頂戴するほど。企業規模問わず勤怠管理や給与計算業務に関して、共通した悩みがあることがわかり、それを解決できるということを、普段お会いするお客さまにも伝えていきたいです。」

■事業推進本部 カスタマーサクセスグループの安田さん

安田さん「人事労務領域に興味のある方々が集まる展示会ということもあり、非常に多くの方にマネーフォワードを知ってもらうことができました。お客さまのリアルな運用方法や要望なども聞けてとてもいい経験になりました。

■新卒メンバーにも話を聞いてみた
事業推進本部 カスタマーリレーションチーム 安藤さん
安藤さん
「来場者数の多さに驚き、注目されているんだなと強く感じました。『マネーフォワード ME』は知っているけど、企業向けサービスはあまり知らないという方も多かったので、もっと知ってもらってバックオフィスの業務効率化のサポートができたらいいなと思いました。利用していますというお声もいただき、サービスへの期待を感じることができたので、そこに応えていけるようになれたら嬉しいです。」

事業推進本部 カスタマーリレーションチーム 藤永さん
藤永さん「家計簿や会計ソフトのイメージが強い中、『給与や勤怠管理システムも提供しているんだ』という形で、興味をもって話を聞いて下さる人が多くいらっしゃいました。会計だけではなく、バックオフィス業務全体の効率化を進めるなら『マネーフォワード クラウド』だという認知に繋がったのではないかと感じています。」

激戦区の会計・財務EXPOのブース

経費精算システム『マネーフォワード クラウド経費』のブースにも人だかり。このエリアには、経費精算システムを提供している様々な企業が出展しており、一言で表現すると激戦区。

会計や給与計算などのバックオフィス業務のサービスは、経理や労務担当が扱うのが基本です。一方、経費精算システムは経費が多い経営者や営業担当などをはじめ、社員全員が関わることが多いサービスということもあり、様々な方がブースに訪れていました。

お客さまの本音を知ることができた

■クラウド経費本部 フィールドセールスグループ 中居さん(新卒です!)

中居さん「EXPOは商談の少し固い雰囲気と違って、フラットにお客さまの課題や要望を聞くことができるので有意義でした。1日に何十人ものお客さまと関わるので、お客様が普段どんな点でお困りか、どんなことができれば嬉しいのかといった本音を知ることができました
同業他社のサービスを見てきたばかりのお客さまにご案内することも多く、自社サービスの印象を率直に聞きながら、それを前提にサービスの強みや良さを感じてもらいやすい提案ができたんじゃないかと思います。

ほとんどの時間接客をしていたので、サービスの知識やお客さまとどうコミュニケーションをするかという点も鍛え上げられました。入社してすぐのこの時期に参加できたことは幸運だったと思います!」

■クラウド経費本部 セールスディベロップメント部 堀内さん

堀内さん「経理部のお客さまが多かったのですが、みなさん非常に熱心で驚きました。生産性向上の要素の一つとして経費精算業務が広く認知されているということを体感しました。

家計簿や会計ソフトだけでなく経費精算のサービスを提供し、推進していることが認知される機会になったと思います。」

グループ会社のMF KESSAIも出展

企業間後払い決済サービス『MF KESSAI』を提供しているグループ会社のMF KESSAI株式会社も出展していました。『MF KESSAI』は通常よりも早いタイミングで売掛金を現金化させることで、資金繰りを改善させるサービスです。企業は、請求業務を全て一括して『MF KESSAI』を通じて外注することができます。

(左からマーケティング担当の眞栄田さん、セールス担当の木村さん、合田さん。)

眞栄田さん「3日間の EXPOを通して、お客さまがどのような課題やニーズを抱いているのか、理解が深まりました。今回の気づきを活かして、MF KESSAIの発信に磨きをかけて、より多くのお客さまに価値を提供していきたいです。」

木村さん請求業務や与信業務について課題を感じているお客様が、大勢いらっしゃることを知ることができ、直接お話することで私自身とても勉強になりました。」

合田さん「請求業務・与信業務の課題を多くのお客さまから直接伺う事ができ、非常に有意義な3日間になりました。まだまだ請求代行ができるサービスの認知度は低いので「そんなサービスがあるんだね!」と驚かれる方もいらっしゃいました。EXPOを通じて、MF KESSAIの提供価値や将来性を再認識することができました。」

直接お客さまに会って課題を知ることができる

今回のEXPOを終えて、様々な部署のメンバーに話を聞いてみましたが、共通して言えるのは、対面でお話することでお客さまが抱えている課題や本音を知ることができることが価値ということでした。マネーフォワードが解決していくべきことを受け止めて、サービス改善やお客さまの元でサポートに取り組んでいきたいという思いが伝わってきました。なかなか言葉にするのはとても難しいのですが、マネーフォワードのバリューである「User Focus」が少しでも伝えられたらと思います。

おまけ:EXPO写真集

事業推進本部のメンバー

お客さま対応しているのは事業推進本部の竹内さん

クラウド経費本部のメンバー

お客さま対応しているのはクラウド経費本部の後藤さん

以上、EXPOレポートでした!



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

6

Yuki Inamasu

株式会社マネーフォワードのプロダクト広報担当。 農学部卒→カフェ店員→野菜栽培&販売・PR→IT広報(クラウドワークス→マネーフォワード) 月1回西荻窪でカフェを開催中。(https://www.facebook.com/nyaracafe/) ウナギイヌに似ているらしい。

マネーフォワードで働く人達

年齢も職種もさまざまなメンバーが、どんなことを考え、仕事やサービスとどう向き合っているのかをお伝えします。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。