NYの二人目問題

娘が2歳半になって

気がつけば、育児に余裕が出てきた気がする。

娘は週に5回、デイケア、日本でいうところの保育園に通っているんだけれど、友達もたくさんいて、毎日楽しそうにしてくれている。

私は、自宅で仕事していることもあって
仕事=自分の時間
娘には若干申し訳ないけれど、正直、一日で一番好きな時間である。

夫は、自分にしわ寄せがきている...!
という多少の不満はあるかもしれないけれど、
育児と仕事と自分の時間のバランスが取れて、生きやすくなった。


二人目を考えるならこのタイミングなんだろう

年齢的にもゆっくりしている時間はない

それは分かっている。

それでもできる気がしない。


妊娠して、10ヶ月の妊婦生活を経て、出産

ここまではできる。

というか、もう一度経験したい。


問題は、出産後

どのタイミングで仕事に復帰するのか?

娘の時は、出産前後で合わせて3ヶ月休んだ。

アメリカでは公的な産休制度はなく、国からのサポートもほとんどないので、待遇は会社次第。

私は自宅で仕事ができたからまだ良かったけれど、産後3ヶ月からフルタイムのナニーをつけて仕事に復帰する....というのは金銭的にも体力的にもかなり大変だと思う。

二人目の時も、娘同様、シッターさんに来てもらって、1歳ぐらいでデイケアに通い始める、というのが現実的だ。

ところで、ニューヨークのシッターの相場は、時給15~25ドル。
デイケアの費用は、月平均2000〜3000ドル(22万〜33万円)である。

4歳からは公共の幼稚園に入れるものの、マンハッタンやブルックリンの人気の学区では、ほぼ希望通りに入れることはなく、プライベートの幼稚園に通わすことがほとんど。その費用は、マンハッタンであれば年間4万ドル(約440万円)はくだらないらしい。

公立の小学校に入る5歳まで、アイビーリーグ並の学費がかかるのだ。

上の娘の学費を払いながら、二人目のシッター代を払う...

いったい、いくら稼げばいいのだ。

加えて、ニューヨークのクレージーな住宅事情が問題をさらに厄介にしている。

きっと、多くの女性がそうするように、一度仕事を辞めて、育児に専念する方が現実的なんだろう。

それでも

趣味であり息抜きでもある仕事をやめて、毎日育児に専念する....という生活が、私にはできそうもない

性に合っていないと思う。

やはり、ここは、娘が小学校に上がるタイミングで二人目を産み、また一から始めるのがベストな策なのかもしれない.....

何度考えても、その結論になる。

その頃私は40歳

授かれるか否かは、神のみぞ知るところではあるけれど。

そういえば、昔、サイキックに見てもらった時、こう言われた。

「子供は二人ね。5歳差よ。」

5歳?離れすぎじゃない?

そう思った当時の私よりも、そのサイキックの方が、よほどニューヨークの世知辛い育児事情を見通していたのかもしれない。

・・・・・・・・・・
☆ブログも更新中: NYでデトックス

Facebookに「いいね」して頂くと、ブログやウェブマガジン連載の更新状況が届きます
・・・・・・・・・・

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

24

白石里美

NYでおシゴト

フードスタートアップから執筆まで、ニューヨークのお仕事事情色々。

コメント6件

そうなんですね。すごくすすんでいる国の様で健康保険の問題など知ると驚く事が多い。出産後すぐ家に戻るのは習慣の問題ですか?それとも保険関係(金銭的)なことですか?
保険で産後48時間(たしか)しかカバーされません。加えて、産後はどんどん動いたほうが良い、と信ぴょう性は定かではありませんが、医者からそう即されます。。。
ものすごく高額!たまたま自分の保育関連費用について書いたところだったので比較して驚きました。アメリカ在住の友人から、スポーツジムに通うとその間と、月に数回ディナーの間も預かってくれるサービスがあると聞き、保育環境は充実しているのかと思っていましたがそんなことないのですね。。
充実していると言えばしているのですが、高額ですね〜。公立の幼稚園や小学校に入れれば無料なんですけどね。それまでが大変です。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。