正しい精子の選び方

アラフォーシングルの友人の最近の関心ごとは、もっぱら、代理母に産んでもらう予定の、まだ見ぬ我が子の精子の提供者選びだ。

数ヶ月前までは、精子バンクを使う、という方向で気持ちが固まっていたのだけど、その決意が揺らぎ始めたらしい。

「友達が、精子バンク使って男の子産んだんだけどね、その子供、なんか覇気がないのよ」

と彼女は言う。

「周りがどれだけワザワザしてても、おとなしく座ってるの。エレナ(我が娘)なんて全然じっとしてないじゃない?子供ってそれが普通よね?」

「そうとも限らないんじゃない。色々な子がいるし。落ち着いててメローな子もわりと多いと思うけど。」

「なんか全然子供らしくないのよ。きっとね、精子の提供者がすごいオタクだったんじゃないかと思うのよ!」

「えー、そんなに大したことじゃないと思うけどお....」
心の声:この調子じゃエレナのことも、母親に似て短気とか、父親に似て頭が大きいとか、絶対外で言ってるよ、この人は....

「Geek(オタク)とlazy(怠け者)なのは絶対嫌なのよ!」

「精子バンクでプロフィールとか見られるんでしょ?そこに『スタンフォード卒・マラソン4回完走』とでも書いてあれば、運動好きな働き者って想像つくじゃない」

「でも隠れたおかしな性癖とかあるかもしれないじゃない!」

「そりゃあ、誰でもそんな可能性はあるでしょ。もちろん、信頼できる知人とかいたらそれがベストかもしれないけど」

「そうでしょ」

「誰かいるの?」

「うちの隣にね、すっごいキュートな男の子が住んでるのよ。なんと、彼のお兄ちゃんも超グッドルッキングなの!」

「いくつくらい?」

「20代後半?」

「何してるの?」

「分からないんだけど、予想では音楽関係?」

「彼女いるの?」

「いつも女の子連れ込んでるけど、絶対泊まらせないみたい」

「へえ。で?」

「精子もらえないかな?」

「精子バンクのスタンフォードより、隣の何してるか分からない子の方が安心なの?」

「すごいグッドルッキングなのよ」

「でも違う女の子連れ込んで、夜中に追い出してるのよね?」

「なんとか兄弟のどっちかと結婚する方法ないからしら....」

「・・・・・・・」



正しい精子の選び方

それは簡単に結論がでない難問なのであった。

・・・・・・・・・・

☆ブログも更新中: NYでデトックス

Facebookに「いいね」して頂くと、ブログやウェブマガジン連載の更新状況が届きます。

・・・・・・・・・・

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

13

白石里美

NY発 あがく女たちの本音

NYで出会った、たくましくて、もろくて、幸せで、切ない女性たちのストーリー。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。