見出し画像

信頼を与えるか刺激を与えるか。それが女の立ち位置を決める。

「彼の奥さんは高校時代の恋人でね、今ではすっごい太ってて、ただのおばさんだけど、彼は絶対離婚しないわよ」

NYで金も地位もある男というのは、高校・大学時代の同級生と結婚しているケースが多い。それゆえ、残った男たちを巡って、世界中から集まった女たちが結婚へのバトルを繰り広げる。

なぜ彼らは、「ハイスクールスイートハート・高校時代の恋人」と結婚するのだろう?

ずっと不思議に思っていたのだけど、先週末その謎が解けた。

ビジネスパートナーと仕事の打ち合わせで集まった先週末、話題はいつものように、ビジネスから、美容・恋バナ・ゴシップへと移っていく。

彼女が何気なくこぼした、「以前同僚だったアジア人女性」の話に興味をひかれた。

「前の証券会社で一緒だった女性ね、業績不信で数年前にクビになったんだけど、その時の上司とずっと不倫してて、妊娠したの。それで奥さんも交えて話し合った結果、清算金をもらって、もう二度と彼とは合わないって契約書にサインして、一人で子供産んで育ててるのよ。」

という。

私「へえ。すごいわね。その人いくつ?」

友「妊娠した時は39で、今は42、3かな」

私「その相手の上司ってどんな人なの?」

友「すっごいキレるアメリカ人だけど、外見はまあ普通よ。奥さんとの間に子供が6人いるのよ!」

私「わお!6人!奥さんどんな人?」

友「ハイスクールスイートハートよ。今は太ったおばさんだけどね。でも、彼女賢いわよ。6人よ!6人。それじゃ絶対離婚されないもんねえ。」

私「30後半になって、よくそんな相手と不倫関係続けてたよね、その女性も。」

友「本当よね。「妻と出会っていなかったら絶対君と結婚してた」とか言われてたらしいけど」

私「そんなの誰でも言うでしょ!なんの意味もないじゃない。それで、奥さんにばれた時はどんな騒ぎだったの?」

友「それがさ、彼それが初めてじゃなかったらしいのよ。前にもあったの。で、奥さんは、冷静沈着に弁護士立てて、金額提示して、契約書作ってきたのよ〜。」

私「さすがねー。だてに高校時代から付き合って、子供6人産んでないわ。」

友「全くよね。金融の世界ってさ、高校とか大学時代の同級生と結婚する男多いのよ。なんせさ、競争がし烈な世界じゃない?だから一緒に育った相手じゃないと、心から信頼できないとこあるみたいなのよね。だから適当に遊んでも、最後に戻るのはハイスクールスイートハートってわけ


なるほど

私は心の底から納得した。

男女の関係というのは

「信頼・安心」を与えるか、それとも「刺激・興奮」を与えるか

このバランスによって、その形が変わる

アメリカでは一般的に、パートナーにその両方求めるようなところがあるが、言葉で言うほど簡単でないのは、まともな恋愛関係がある人間であれば、想像に難しくない。

「信頼・安心」を与えなくては、生涯のパートナーに選ばれることはないが、ほどほどに「刺激・興奮」を与えなくては、男はよそ見をしはじめる。

ここで、既に家庭という「信頼・安心」の土台を持っている男に、いくら「刺激・興奮」を与えても、その浮気相手の女が、妻という「信頼・安心」を与える立場に新たに取って変わるケースは稀なのである。

特に、成功している男ほどコンサバであることが多く、生活の土台は何一つ変えることなく、たまに非日常的な刺激を楽しみたいだけなのだ。

私の周りでも、子供が4、5人いる”金持ちの子沢山”たちが、「子供が4人もいるから妻とは離婚できない」などどと言いながら、浮気しているケースが少なくないのである。

だから、そんな男と関係するなら、この先もずっと「刺激・興奮」を与えるだけの女でいる覚悟をしなくてはいけない。


私「それで、彼女今どうしてるの?」

友「かわいい女の子産んでね、手切れ金でビジネス初めたの。順調みたいよ。ほら。」

そう言って、こちらに向けられたiPhoneのFacebookページには、栗毛色の髪をした小さな女の子と、頭からつま先まで、いかにも金がかかっている気の強そうな女性が写っていた。

彼女はきっと、その上司のことが本当に好きだったんだと思う。40近くでありながら、世間知らずなところもあったのかもしれない。


世の中にはどうにもならないことがある。

それでも、底力があればなんとか前に進めるんだな。


「信頼・安心」を与える女であっても、「刺激・興奮」を与える女であっても

自分で自分を支えられる女であるかどうか

これが一番大事なんだと思う。

ブログも更新中:NYでデトックス








この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

30

白石里美

ニューヨーク在住10年のライター。http://www.satomishiraishi.com/ 甘酒をアレンジしたオリジナル商品aminogloの販売製造も。

NY発 あがく女たちの本音

NYで出会った、たくましくて、もろくて、幸せで、切ない女性たちのストーリー。

コメント7件

なるほど‼︎私潔癖でシャワー浴びないで寝たくないのでいつも気になってたんですよ。ありがとうございます(^^)白石さんには私のnote記事はカテ違いかも...w ブログの読者になるべくTwitterのフォローしました。(どんだけ)ブログは海外ドラマ、コスメを扱ってるのでカテ近いかもです。
知花エミ さん、ありがとうございます!私もブログ読ませて頂きますね!。noteも興味あるテーマ多いです。これからよろしくお願いします!
初めまして。いくつか読ませていただきました。すっごく面白いです!!まだ結婚して半年ですが、夫が背中を預けられる妻でありたいと思っています。
香織さん、ありがとうございます!素晴らしい〜〜!ご主人は幸せものですね。これからもよろしくお願いします☆
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。