見出し画像

ひどく落ち込んだ時に少しでも楽になるには



私の場合、夜は集中力が切れている。

というのも、朝から色々と気を遣って過ごしているので、夜になる頃にはもう頭が疲れてしまっているのだ。

だか、時折、何かを終わらせなければいけない時がある。

私はウンウン言いながらそれに取り組むが、全然はかどらない。寝てしまおうか。いや、でも朝にやる気が起こる保証もない……

しかし結局、私は、誘惑に負けるようにして、布団の中へと潜り込んでいく。ことに寒い季節は、なおさらオフトゥンの誘惑が強まる。

そうしてぐっすりと眠って、朝、昨日やり残した問題に取り掛かってみると、驚くぐらいにスラスラと進んでいく。昨日の右往左往は何だったのか、と昨日の自分にツッコミを入れる。

これは私の持論なのだが、やはり、夜の脳みそは使い物にならないんじゃないかという気がする

夜に考えることなんてろくなことじゃないし、夜の自分をあまり信用してはいけないんじゃないか、というような気さえする。

夜の身体は、音楽を聴いたり、アロマを焚いたり、ゆるいアニメを見たり、何かリラックスできることに使いたい。


これまで生きてきた経験を振り返ってみると、やはり、「睡眠の質が人生の質を決める」と言っても過言ではない。

何だかひどく落ち込んでしまう時。もう立ち上がれない時。涙が止まらない時。

そんなことがあったら、もう思い切って明日の仕事を休みにし、思う存分眠ってみるだけで、何だかちょっと頑張れそうな気がしてくる。私はいつもそうやって生き残ってきた。


自殺というのは、実は、睡眠不足から起こっていることが非常に多い。

神経を病んでしまう→眠れなくなる→睡眠不足になる→発狂してしまい自殺という流れが多いそうだ。

過労死も同じようなパターンだろう。長時間労働とストレスによって、睡眠時間が削られ、結果として死に至る。

私たちが思っているよりも、睡眠というのは、私たちの生活を根幹から支えているものなのかもしれない

陳腐な表現にはなってしまうが、本当につらいときは、何もかもを忘れて、一回心ゆくまで眠ってみるのが良いと思う

シンプルだが、よく効く薬だ。



#エッセイ #エッセー #仕事 #働きたくない #資本主義 #日記 #スローライフ #移住 #田舎暮らし #プログラミング #ブログ #ノマド #コラム #フリーランス #ビジネス #ライフスタイル #リゾバ #リゾートバイト #転職 #公務員 #就職 #就活 #note #睡眠


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

43

今西 登

晴耕雨読をモットーに、日々考えていることについて書きます。気楽な人生を送るためのエッセイを主に書いています。お仕事のご依頼はこちらまでお願いいたします。nishin1414194@gmail.com

ライフスタイル

ライフスタイル関係の記事を格納しております。
1つ のマガジンに含まれています

コメント2件

今日、偶然「脳の時間割」というものを見つけましたので、該当ページのご紹介だけ。なにか参考になればと思います。https://president.jp/articles/-/29592?page=2
虫賀 照晃 様

コメントありがとうございます!なるほど、脳の時間割ですか。大事な判断は朝やった方がいいって言うのは何となく聴いたことはありますが、色々と事細かになってるんですね。参考になります、ありがとうございます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。