見出し画像

「子どもを作らない」という選択


DINKsという言葉があるのをご存知でしょうか?

DINKsというのは、Double Income No Kidsの頭文字などを並べたものです。つまり、共働きで、意識的に子どもを作っていない夫婦のことを指します。

最近は少子化だなんて言われていますが、今、こうした、共働きをしながら子どもを作らない夫婦というものが増えているのですね。

上図のオレンジの線が所謂DINKsなのですが、段々と増えているのがわかります。

私は「結婚はしたい」と思っているのですが、「子どもが欲しいか」と言われると微妙なところで、色々な人の話を聞いたり、本を読んだりしつつ、人生設計図を描いています。

その中でDINKsというワードを知りました。

今回は、そうした生き方に、どういうメリットとデメリットがあるのかということを書いていきます。

・時間、お金に余裕ができるというのが最大のメリット

やはり最大のメリットはこれでしょう。育児というものには膨大な時間とお金がかかります。それがないのですから、その分のゆとりができるわけですね。

時間やお金に悩まなくていいというのは、この現代社会を生き抜く上で、かなりのアドバンテージになるのは間違いありません。

そこそこ収入があれば、都心のタワマンに住んで、それこそ美味しいランチやディナーを食べたりすることもできます。

・仕事が自由に決められる


特にこれは女性に多いのですが、出産や育児を機にキャリアを捨ててしまう方がいらっしゃいます。

優秀な女性が、育児とキャリアの二択を迫られてしまうのは何とも悲しいものですね。しかし現在の日本では、やはりどちらかを犠牲にせざるを得ないというケースが多いようです。

その分、「子どもを持たない」という選択をするのであれば、仕事にも自由がききます。各地を転々としながら好きな仕事をする生き方もありますね。

・デメリットは?

かと言って、子どもを持たないという選択は、メリットだらけではないのですね。ある自由を得るということは、また別の自由を捨てるということになります。

では、デメリットにはどういうものがあるのか?ということを見ていきます。

・家計の管理というものに無頓着になってしまう


子どもが生まれると、家庭というものは、子どもを中心にして回っていきます。当然家計というものをより厳格に管理するようになり、より計画的な金銭感覚が身についていきます。

ただ、お金に余裕ができるということは、家計管理に無頓着になるということの裏返しでもあって、無駄な贅沢をするようになってしまい、結局精神的には、さほど自由を享受できないということになってしまいます。

・夫婦の愛は永遠だろうか?


「子は鎹(かすがい)」とよく言います。

鎹とは、二つの木材を繋ぎ止めるための金具で、それを子どもに見立てたのが上の言葉です。

つまり、子どもを中心に回っているからこそ、夫婦の愛が良い感じに保たれているという側面があるわけですね。そうした中心のない生活というものが、果たしていつまで続くか?という問題があります。

DINKsを選択する夫婦には、通常の夫婦にくらべてより強い結びつきが求められるのです。

・とは言え……


現代の若者にはお金がありません。2,30代で出産、40代でマイホームなんていう昭和のスタンダードは、完全に崩れつつあります。

私は人生の一つの選択肢として、「DINKsもまあアリなんじゃないかな」と思います。どちらかというと、これは女性が悩む問題でしょうか。

いつ出産するの?子どもは?と聞かれるのはいつも女性です。子どもを産まないという選択をすると、それだけで好奇の目で見られ、不躾な質問をされるのも大抵女性です。




#エッセイ #エッセー #仕事 #働きたくない #資本主義 #日記 #スローライフ #移住 #田舎暮らし #プログラミング #ブログ #ノマド #コラム #フリーランス #ビジネス #ライフスタイル #リゾバ #リゾートバイト #転職 #公務員 #就職 #就活 #note #結婚 #出産 #DINKs



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

46

今西 登

晴耕雨読をモットーに、日々考えていることについて書きます。気楽な人生を送るためのエッセイを主に書いています。お仕事のご依頼はこちらまでお願いいたします。nishin1414194@gmail.com

ライフスタイル

ライフスタイル関係の記事を格納しております。

コメント4件

スキをありがとうございました。私は独身で子供もいません・・・・・・子供を持ちたいとも思いませんでした・・・・・・・・
僕のまわりには結婚しているけど子供は作らないという夫婦いますよ。僕より年上の人もいれば若い人もいます。こんなご時世ですからね。それも選択肢のひとつということですね。
岡村まな子 様

コメントありがとうございます。ジムには興味がありますので、更新楽しみにしております。最近の女性でも、子どもはなくてもいいかなという人は増えているみたいですね。
うさこのカモ 様

コメントありがとうございます。私もそういう夫婦を見たことがあるのですが、子どもがいる人も、いない人も、それぞれ楽しくやってますよね。よく考えたいと思います。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。