「nicoten × FOLKS tour O2」北海道編

こんばんは。おはよう。FOLKSのボーカル、岩井郁人です。

これから、初日の札幌から東京のファイナルまで一箇所ずつ、FOLKSとnicotenのメンバーでnoteを更新していきます。

お互いのバンドにとって、はじめての全国ツアー。各地で起こったことや、感じたことを綴ってここに残していこうと思う。

まずは初日6/12札幌COLONY。

遊びに来てくれた方々、本当にありがとう。初日から全然気負いすることなく、すごく澄んだいい酸素を吸えた気がした。

対バンは札幌のAncient Youth Club、仙台のアンテナ、東京のその隙間から。

インディーロックバンドから、インストゥルメントバンドまで、そして様々な土地から幅広く、良き音楽ばかり集まった。

それも“O2”ツアーらしさなんじゃないかなと思っている。


対談のインタビューにも書いたけれど、FOLKSとnicotenの音楽は似ていないのかもしれない。でも引きあうのはなんでだろう?なぜ、ツアーが実現したんだろう?

根本の音楽に対するマインドの部分はすごく似ているんだと思うけれど、

打ち上げで宮田くんと話をした時、謎が解けた気がした。

僕と宮田くんが、それぞれツアーのために書き下ろした新曲“O2”。

じつは宮田くんはFOLKSを少し意識して作曲をして、

じつは僕はnicotenを少し意識して作曲していた。

互いに無いものを、欲しいものを持っているからなんだと思う。だから磁石みたいに引きあってるんだと思う。ライブをみて、曲をきいて、さらに引きあってるきがする。

そして一見音楽性が違う、この2バンドのスプリットツアーだからこそ、このツアーに参加するバンドのジャンルの“自由さ”につながっているんだと思う。

同ジャンルのバンドでまとめたイベントは観やすいかもしれない。でも今回のツアーみたく、意外な出会いはないだろうと思う。バンドにとってもお客さんにとっても。人種のサラダボールならぬ、音楽性のサラダボール的な状況は、とても素敵だと思う。

そしてツアーを回るたび、どんどん熱量が上がっていってる。次のまちもどんな熱反応が起こるか、本当に楽しみ。ツアーって最高に面白い!

FOLKS 岩井郁人




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。