自分の感受性くらい

ぱさぱさに乾いてゆく心を
ひとのせいにはするな
みずから水やりを怠っておいて

気難しくなってきたのを
友人のせいにはするな
しなやかさを失ったのはどちらなのか

苛立つのを
近親のせいにはするな
なにもかも下手だったのはわたくし

初心消えかかるのを
暮らしのせいにはするな
そもそもが ひよわな志しにすぎなかった

駄目なことの一切を
時代のせいにはするな
わずかに光る尊厳の放棄

自分の感受性くらい
自分で守れ
ばかものよ


(茨木のり子さんの詩)

1926-2006 大阪生まれ。

日本の詩人、エッセイスト、童話作家、脚本家。

心に響いたので、抜粋します。

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

スキ&コメント大歓迎。 読んでくださり感謝しています。 魅力的で生活に役立つ記事へ、繋げていきます。

めっちゃ 嬉しいです (*^ー^*)ノ
27

けん♪

都内在住。エロい社会人。一瞬一瞬を大切に、出会いを一期一会のように心掛けています。それだけではありません。セックス、メイクラブの話、モテるには…日々思うことについて綴っています。今ある人生は一度きりです。多くの人様と交流し、人生をより豊かにしていくことが、とても楽しみです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。