見出し画像

ジャンプ作家小畑健展の名作原画で受けた感動、学べたこと

東京都のアーツ千代田で開催中の「NEVER COMPLETE 小畑健展」に行ってきました!!
私はヒカルの碁、デスノート、バクマンがとてもとても好きで!!たくさん思い入れがあります。
他にもラルグラド、学糾法廷、プラチナエンドも見ていて…小畑先生の作品にはたくさん触れてきました。

ヒカルの碁の原画は、美しすぎてもう、「もう…いやだぁ…(たまらないよぅ)」と心の中で何度も何度も言ってしまいました…あまりの美しさに、泣きそうになることがあるんだな、と最初から心がふるふる揺れました。
トーンやホワイトの使い方が凄くて、美しくて、こういうやり方をしてるんだ…って凄く勉強になりました。
本当に本当に美しい…素敵すぎる。

ヒカルの碁はアニメをリアタイで観て曲もよく聴いていたのですが、大人になって改めてアニメをしっかり観たら、その美しと儚さと強さと面白さに物凄くハマって…大好きになりました。
原作も本当に美しくて色んな感情が込み上げてきました…カラーの淡い色使いも凄く好き…

デスノートはリアタイでも読んだし観てたしで思い入れが大きくて、名シーンの原画をたくさん観れたのがうれしかったなぁ。白と黒のコントラストが小畑先生、そしてデスノートらしいんですよね。
デスノートの原画は、思わず笑ってしまう、ニヤニヤしてしまうシーンが多くて、月の悪人面は本当に傑作。Lも癖が強くてじわじわ来るんですよね。デスノートは美しさの中にある崩れたものの違和感が奇妙で、原画を見ていても作品に引き込まれました。名シーンもたくさん見れて感動…

バクマン!は本当大好きでこちらもリアタイで読んで観ていました。思い入れが強い作品です。
バクマンはとにかくコマ割りとかセリフの入れ方の工夫が凄くて、その遊びが面白くて、こういうやり方もできるのか!って凄く勉強になりました!!
あと作中の漫画やネームはコピーしたものを貼り付けられているのも印象的でした。
絵柄がどんどん変わっていって、バクマンのポップでダイナミックな表現が好きなんですよね。バクマンのカラーも可愛いものや元気になる配色が多くて好きなイラストが多いです♪

プラチナエンドはラフ、下がき、ペン入れ、塗り…と色んな工程が見られてとても刺激になった!デジタルは私も使えたらなぁと思うけど、そもそもスキャナーがA4なのでしばらくは諦めていますが…
改めて小畑先生の作画の美しさに惚れ惚れしました。

小畑先生の机周りには、見知った画材がたくさんあってワクワクしました!

原画はホワイトの使い方、トーンが一番勉強になる。あと余白のどこまで絵を描いてるかとか、吹き出しや文字の大きさ、どの程度修正しているか、どういうところに印刷したものを貼り付けているのか、描き込み量や勢いや、そして作家さんの魂など…原画でしかわからない伝わらないものを見られるのが本当に大好きです!小畑健展では原稿の裏も見せて下さる太っ腹ぷり…右向きやパースなどが裏に描かれていて、小畑先生でも右向きは少し苦手なのかな?とか、細かくパースを取られていることに驚きと納得をしたり…学びが多くてとてもうれしかった!!

生原稿を手に取れるイベントにも参加して、まず生で手に取れる喜びがもう!!パワーを頂きました。。写真もオーケーなので、表から裏からと原稿をなめ回すように見つめました!本当に美しい…尊いなぁ…

図録とヒカルの碁の複製原画を買って出てきました。
図録は絶対買うつもりだったので、あとでじっくり見ます♡
複製原画は、私も漫画を描いているので、複製原画を見てモチベーションに、参考に!と思い、並んでる複製原画の中で好きだなぁと思ったヒカルの碁を買いました。

たくさん勉強になったしワクワクしたし刺激と元気を頂いた!
私も漫画やるぞぉー頑張るぞぉー楽しむぞぉー!!

デスノートかバクマンをまた読み返したくなるだろうと思っていたけど、一番また観たくなったのがヒカルの碁だったことが自分では少し意外で、今の私の心に一番刺さったのがヒカルの碁。美しい、可愛い、儚さ、静かなる闘志…久々に音楽を聴いたら懐かしさもあって心が揺れてる…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

6

おちゃも

イラストレーター・ハンドメイド作家・漫画描きです!イラスト/エッセイ/漫画/らくがきなどをtwitter・instagramで更新しています。 twitter/instagram→@o_cha_mo ホームページ→https://o-cha-mo.jimdofree.com/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。