ラクに、快適になることを、サボらない。

通勤用のカバンを今年からリュックに変えた。

今までは、手で持つタイプ(肩にはかけられない)。

去年は、パソコンを変えて持ち歩きしやすいものにした。軽量化したとはいえ、かばんに入れると重い。朝、パソコンに加えてお弁当や本もカバンに入れるとずっしり。かなりの重量感。

カバンを持つ、ということがストレスになってきた。そうなると生活にも影響がでてくる。

●肩が凝る、姿勢が悪くなる

●電車の中で網棚に荷物を載せづらい。そうすると、片方の手で重いカバンを持つことになるから本が読めない。

●ちょっとした寄り道をする気力がなくなる(ex,スーパー・クリーニング屋・図書館など)そうすると、ちょっとした用事がおわらないまま、溜まっていく。

●ちょっとした待ち時間や駅のホームなどで、できるだけ座りたい。

●あんまり歩きたくないから、その分、動く量が減って体が重くなる。


カバンが重いというだけで、心も体も重くなって、嫌な状態が増えていく(笑)

去年、上高地へ行くときにひさしぶりにリュックを買った。12月、通勤時にそのリュックを試しに使ってみたら劇的に快適で。通勤もリュックにする決意をして、スーツでも違和感のないものを年末に買ってきた。

ちょっとしたストレスや違和感も、選ぶ道具で全然変わる。嫌なことはガマンしないで、それを避けたり解決する方法を積極的に探した方がいいなぁと強く実感。自分がラクに、快適になることをサボっちゃいけないね。

今日は3連休前の金曜日。良い週末を!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

人間というのはいつだって、自分が死ぬことを棚に上げている。/死神の精度
21

渋谷

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。