まあ無理だけど、やったら絶対成長する【長谷川鬼十則】

みなさんは「新卒配属ガチャ問題」をご存知ですか?新卒で入社をして配属される部署や職種、配属先の上司や教育担当がどうなるか?をソーシャルゲームのコア機能である「ガチャ」になぞらえたもの。運良く「SR(スーパーレア)」を引き当てて、自分にぴったりな部署に配属されれば良いものの、運悪く「ハズレ」を引いてしまった場合は、仕事内容も部署での人間関係も悪く、最悪の場合メンタル不調を患ってしまったり、場合によっては早期退職に至ってしまったりするという「あるあるな話」を揶揄して「新卒配属ガチャ問題」と表現されています。ーー 「最初の仕事はくじ引きである」新卒配属ガチャ問題をどう乗り越えるか?

西村創一朗さん執筆のコラム記事、読みましたか?

学生時代にどれだけ頑張って、名だたる大企業に就職しても、配属される部署や配属先の上司によって、貴重な社会人の数年間の価値を最大化できない問題を的確に指摘されていました。

ガチャで運悪く「ハズレ」を引いてしまった場合、「名だたる大企業」に在籍していようが、同期にズルズル引き離されてしまう。そんな悲しいこと、あるかって話だ。

社会派ブロガー・ちきりんさんも「最初に働く場所の選び方」に強く言及しています。(以下、引用)

今は 35才にもなれば、ビジネスパーソンとしての能力に圧倒的な格差がつく時代です。35才の時点で、未だに「・会社や部署や上司から与えられた仕事をきちんとこなすのが自分の仕事であり、・自らリーダーシップをとってグループを率いたこともなければ、・リスクのある新規プロジェクトに携わった経験も無い(=今ボクがやってる仕事は、ちょっと前はちょっと上の先輩が担当していた仕事です)・業界や手がけている仕事について話してくれと外部から頼まれることもないし、もし頼まれても、何を話せばいいのかよくわからない・今いる会社や部署を辞めて自分で稼げるかと問われると、ちょっとひるむ」みたいな人がたくさんいます。超がつく一流大学を出た人にも、そういう人が“わんさか”いるんです。
一方、35才の段階ではすでに、こんなふうに(↓)なってる人もいます。
「・自分が言い出したプロジェクトや仕事で、失敗したり成功したりの経験を積んでおり、・組織やグループを率いることの難しさや醍醐味を理解し、自分なりの方法論も体得できている。・明日から何か別の新規プロジェクトをやれと言われても戸惑わないし、・外部からも含め、いろんな人に声を掛けられ知見を求められるし、・これから新たに手がけたいこともたくさんある。・今後は、更に大きな規模で実績を上げていく段階にある。頑張らねばー! と思ってる。(中略)だから「最初にどこで働き始めるか」が非常に重要になってきたんです。

(僕がちきりんさんがおっしゃるようなキャリア選択をしているかは相当微妙ですが)35才の段階で、「・自分が言い出したプロジェクトや仕事で、失敗したり成功したりの経験を積んでおり、・組織やグループを率いることの難しさや醍醐味を理解し、自分なりの方法論も体得できている。・明日から何か別の新規プロジェクトをやれと言われても戸惑わないし、・外部からも含め、いろんな人に声を掛けられ知見を求められるし、・これから新たに手がけたいこともたくさんある。・今後は、更に大きな規模で実績を上げていく段階にある。頑張らねばー! と思ってる。」な上司のもとで働いている自負はあります。

要するに、新卒(大学やめているので新卒でもないが)ガチャではスーパーレアを引き当てました。働きはじめて一ヶ月もしないうちに、鬼のような仕事の教訓をくれます。すごいラッキー。

一生懸命負荷をかけて仕事をすることが大切……的な話題はよくフルボッコにされますが、個人的には賛同しています。普通に考えて、人の倍働いたら倍成長するよな、と思うので。

一応紹介します【長谷川鬼十則】

僕の上司の意見は、我ながら「偏った意見だよな〜。笑」とは思うのですが、実践しさえすれば鬼速で成長できると思います。なぜなら、大半の人はやらないことなので…。

思い出した頃にツイートをしているのですが、いつも結構人気なので書いておきます。鬼速で成長したいみなさん向けです。(僕が勝手に解釈しているだけなので、齟齬が結構あるはず。なので、本気になさらず)

作業ではなく思考する

「より上流で仕事しなさい」ってよく言われます。ですし、そう思います。

しかし、手を動かし続ける

「量から質への転化」とよく聞きます。没頭した結果、身につく力ってありますよね。そういう人には機会が必ず回ってくる。

自分しか助けてくれない

幼少期、どんな過ごし方したのか心配になるわ。

上司の立場で仕事する

まあ、そうですよね。師匠のメンター、GCPの高宮さんが素晴らしいことをおっしゃってた。

「(経営者目線を持つには?という質問に対して)たとえば、サークルの会長でも「CEOの仕事」が経験できます。予算が足りなければ、会費を募ったり、学園祭で収益を上げるように工夫したりしますよね。たとえば今の立ち位置が、いちメンバーで、自分で権限と責任を持つことが難しくても、部長に逆提案するというのはあります。実体として責任と権限があるに越したことはないのですが、最終的なケツを持つつもりで腹を括り、今の立場より上の立場の目線で仕事をするというマインドだと思っています。」ーー“Chief”を冠する若者に求める、経営者視点

ちなみに、社会人二年目の僕が常に心得ている【鬼一則】は、「社長に仕事させない」です。

常にデッドに追われた環境こそ健全

昭和生まれかよ…ってつっこみたくなるけど、まあこれも真理だと思います。時間余った状態だと、逆に人ってやらないじゃないですか。結婚式前のライザップが一番痩せるのと同じことかと。

高地トレーニングが人を成長させる

酸素の薄い高地でトレーニングを行い、心肺持久性を高める。すると、平地における負荷の相対的軽減が可能になる。いつも人より高度な仕事を心がけておけば、そりゃ早く正確にできるようになる。

タスクが発生したら、即着手する

社会人数年目までは「これやっといて」と頼まれることも多いはず。ただ、それを「後でやろう」と思っていると、そもそも抜け落ちたりする。そして気づいた頃には時間がなくて、雑な内容になってしまう。なので、まずは着手してみる。そこで難易度とかかりそうな時間を把握しておく。終わらせられるなら、その場で終わらせてしまう。

Done is better than perfectはいつだって真理

「タスクが発生したら、即着手する」に関連する話。そりゃそうだ、終わってないよりは、とりあえずでも形にした方がいいに決まっている。「まだぬるい」と説教を食らうかもしれないが、そこでフィードバックを貰えば、自分の力では到達しなかったであろうクオリティで仕事ができる。あとは伝え方も大事で「まだまだ粗いですが、まずはつくってみました。納期まで時間があるので、フィードバックがほしいです」と伝えておけば、問題ないと思う。

そして、perfectを目指しなさい

フィードバックをもらったら、完璧を目指しましょう。そもそも自分が思うパーフェクトなんて全くパーフェクトじゃないので、さっさとつくった方が先決。悩むより、まずやる。そして、本気出す。

落合さんの方がよっぽどキツイ

それ言い始めたらキリなくない?と思うけど、まあ…………。

この全てができるわけないと思いつつ、僕は一応全部できたらいいなと思って頑張っています。



…………ありがとうございました。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

「スキ」ありがとうございます。引き続き頑張りますっ!
46

ハタチの備忘録

オバラミツフミの私的なブログです。
1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。