おびお

サラリーマンしながら科学コンテンツを作ってます。

ボロフェン

2004年に原子1個分の厚さしかない炭素のシート、グラフェンが発見され、2010年にノーベル物理学賞を受賞して以来、さまざまな単層原子シートの研究が進められています。というのも、原子を単層のシートにすると原子のかたまりの時には見られなかった様々な特徴的な性質が表れ、それらの多くが新素材としての価値が非常に高いためです。

そのようなシートはこれまでに、ケイ素、窒化ホウ素、二硫化モリブデンなどが創り

もっとみる

Chapter-590 働かないオジサンたちはいざという時にがんばる?

2016年2月27日 Chapter-590 働かないオジサンたちはいざという時にがんばる?

北海道大学の研究で、働かないアリはコロニーの長期的存続に必須であることが判明したそうです。以前より、2:6:2の法則などがあって、組織の中には優秀な人が2割、普通の人が6割、働かないダメな人が2割いて、仮にその2割を解雇したとすると普通の人から働かない2割に転落する人があたわれて、せっかく下の2割を取り

もっとみる

天の川の「向こう側」に隠されていた数百個の銀河を発見

夜空を見上げると空気のきれいで街の明かりの無い地域では美しい天の川を見ることができると思います。天の川は天の川銀河に含まれている太陽の仲間の星々の姿ですが、天の川銀河の外の宇宙がどのようになっているのかを観測しようとすると、天の川方向はこれらの星々が邪魔になって観測することができません。そのため、これほどまでに天体観測技術が進歩した現在であっても、天の川の向こう側に何があるのかはわかっていませんで

もっとみる

お腹の中にビフィズス菌がいる人はがん免疫療法が効きやすい?

腸内細菌の種類によってがん免疫療法の効果が人によって異なることがわかってきました。米国シカゴ大学の研究による実験用マウスでの研究ではビフィズス菌が腸内にたくさん住みついているとがん免疫療法がよく効くことがわかりました。がんを発症させたマウスにビフィズス菌を飲ませたところ、がんを治療することはできなかったもののがんの進行を遅らせることができることもわかりました。人間でどうかはまだわかりませんが、抗が

もっとみる

第7周期までの周期表がついに完成

日本では113番元素の命名権が理化学研究所の研究者らに決定し、日本初、アジア初の元素の命名を行うことが決定した話題で盛り上がりました。日本ではこの話題ばかりが取り上げられましたが、実はこのたび、第7周期までの周期表が人類の歴史において初めて完成することになったのです。というのも、これまで113番と同様に名無しだった115番、117番、118番も命名者が決定したのです。いずれもロシアと米国の共同研究

もっとみる

脳の基本構造は5億年以上前に完成していた

理化学研究所、兵庫医科大学らの共同研究グループは、顎(あご)を持たない脊椎動物「円口類」の脳の発生過程を観察し、この種の動物ではこれまで見つかっておらず、人間の脳の構造にも通じる脳の2領域と小脳として機能する領域を新たに発見しました。円口類とそれ以外の生物(顎口類)は非常に古くに進化的な枝分かれをして現在に至っています。円口類において哺乳類と似た脳の構造が確認されたということは、脳の各領域のほとん

もっとみる