風の谷のブレードランナー(仮)の写真が大体撮れた

この続きをみるには

この続き:1,060文字/画像9枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
落合陽一が見てる景色や考えてることがわかるエッセイ系写真集

落合陽一が日々見る景色と気になったトピックを写真付きの散文調で書きます.落合陽一が見てる景色や考えてることがわかるエッセイ系写真集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いつも応援してくださる皆様に落合陽一は支えられています.本当にありがとうございます.

落合陽一です! ありがとうございます!!
33

落合陽一

落合陽一の見ている風景と考えていること

落合陽一が日々見る景色と気になったトピックを写真付きの散文調で書きます.落合陽一が見てる景色や考えてることがわかるエッセイ系写真集

コメント3件

地獄のアラモードおいしそうです。
魅かれます〜。特に緑の写真。ピントがはっきりしてない曖昧に見える写真に、わからないと目を背ける人も多いかもしれませんが。魑魅魍魎あらゆるものが含まれる混沌とした心象風景、健康も不健康もあわせもった心の中の質感って、こんな感じではないですか⁉︎それは、あらたなものが生まれる土壌だなって、思います。
素朴な鑑賞者なだけの場所から離れられない私は、この頃の落合氏のnoteの写真から、目が理解できなくて黙り込むと耳や嗅覚や触覚が出てきて理解しようとし始めるのに気がついて驚いている。「お前らなんで出てくるんの?写真なのに!」って。目で見ない写真、ってこともあり得るかもしれない。そして、私の現実の目の前のこの今のこの景色は、ほんとうに今見えているつもりになっているだけのものなのか?と自分を疑うようになった。それでいいのか?それだけしか見えないのか?それだけ見えていればいいのか?本当か?
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。