学び舎から見える風景は明治時代と繋がっている(萩へ・後編)

萩で松陰神社や吉田松陰の生誕の地を巡りつつ明倫学舎で日本の工業化の胎動を感じる.今も昔も学校にさす日差しは変わらないのだろうか.

この続きをみるには

この続き: 画像21枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
落合陽一が見てる景色や考えてることがわかるエッセイ系写真集

落合陽一が日々見る景色と気になったトピックを写真付きの散文調で書きます.落合陽一が見てる景色や考えてることがわかるエッセイ系写真集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いつも応援してくださる皆様に落合陽一は支えられています.本当にありがとうございます.

落合陽一です! ありがとうございます!!
41

落合陽一

落合陽一の見ている風景と考えていること

落合陽一が日々見る景色と気になったトピックを写真付きの散文調で書きます.落合陽一が見てる景色や考えてることがわかるエッセイ系写真集

コメント1件

100年前の特許情報から工業化をめざした人たちの思いと生き様を見ています。落合さんの写真とちょうど重なります。どん欲な学びと乱暴なくらいのトライ&エラーに熱さと温もりを感じます。人は、生きている最中の人の様を捉えるのが上手くないですね。発展のチャンスなのに。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。