見出し画像

言葉で彫刻する.

この続きをみるには

この続き:838文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
落合陽一が見てる景色や考えてることがわかるエッセイ系写真集

落合陽一が日々見る景色と気になったトピックを写真付きの散文調で書きます.落合陽一が見てる景色や考えてることがわかるエッセイ系写真集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いつも応援してくださる皆様に落合陽一は支えられています.本当にありがとうございます.

落合陽一です! ありがとうございます!!
49

落合陽一

メディアアーティストで光や音や物性や計算機メディアの研究をしているような感覚的物書きで博士持ちのスナップシューターです.多様性社会を目指す波動使いの准教授.このブログでは個人の落合陽一として思ったことしか書きません. プロフ写真は©︎TAKAY

落合陽一の見ている風景と考えていること

落合陽一が日々見る景色と気になったトピックを写真付きの散文調で書きます.落合陽一が見てる景色や考えてることがわかるエッセイ系写真集

コメント4件

落合さんの写真には、文学的な精神性を感じます。だから純文学には違和感ありません。言葉化された心象風景、楽しみです!
楽しみが一つ増えましたww
「文芸上の極北は――或は最も文芸的な文芸は僕等を静かにするだけである。僕等はそれ等の作品に接した時には恍惚となるより外に仕かたはない。」芥川龍之介『文芸的な、余りに文芸的な』
あのぉ・・・共感覚がテーマだと勘違いして、すでにかなり書き進んでらっしゃってるはずだから年内に刊行されるんだと先走って、めっちゃウキウキふわふわしてたんですが・・・失礼しました。(落合せんせの日常そのものがSFあどべんちゃー叙事&抒情詩だから今更な気がしないでもない)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。