反復構造への胸の高鳴りと人間的でないものに感じる人間性(随時更新)

繰り返されるものの中に自然と人間の境界を感じる

この続きをみるには

この続き: 画像5枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
落合陽一が見てる景色や考えてることがわかる写真付きエッセイ

落合陽一が日々見る景色と気になったトピックを写真付きの散文調で書きます.落合陽一が見てる景色や考えてることがわかる写真付きエッセイ (...

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いつも応援してくださる皆様に落合陽一は支えられています.本当にありがとうございます.

落合陽一です! ありがとうございます!!
58

落合陽一

落合陽一の見ている風景と考えていること

落合陽一が日々見る景色と気になったトピックを写真付きの散文調で書きます.落合陽一が見てる景色や考えてることがわかる写真付きエッセイ (※落合陽一塾の方には内容の一部をFacebookの塾グループで無料配信する予定です)

コメント1件

「繰り返されるものの中に自然と人間の境界を感じる」「不揃いな生物的反復構造」
目が点になりました。
しかし、写真とコメントがセットになっているからこそ、点とはいえ、目が付いたので、これからはあまりに見当違いな感想を述べなくて済みます。(といいな)
・・・不揃いな生物的反復構造な歴年の簾・・・年経て再び生物っぽくなった簾・・・年経て尻尾が9本になった生物・・・
いや、大丈夫です、これから1年、このnoteを拝読いたしますれば、きっと。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。