創業計画書の作りかた〜弊社の創業計画書公開:vol.3 自分の稼ぎかたを決める

「自分の闘いかた」を決めたら、次は「自分の稼ぎかた」を決めます。稼ぐことについてはいろんな価値観があるとは思いますが、築山のようにサラリーマンを辞めて起業した人であれば、最低限として前職の年収かそれ以上は稼ぎたいですよね。築山のように、個人事業で経営コンサルタントをやる場合、ひとまず、税金や経費を考慮して年商1,000万円と設定しましょう。月商85万円くらいです。

競合他社の価格や、原価率や損益分岐点といった視点から自社の商品やサービスの価格を決めるのは基本ですが、私たちは「利益率の高い会社の商品だから」とか「この会社のサービスは原価率が高いわりに料金が安いから」という理由で購入するわけではありません。競合他社や原価率という基準だけで価格を決めてしまうと、いずれは値引販売やプロボノ(無報酬)による集客メインのアクションが増え、消耗戦に巻き込まれてしまいます。
消耗戦を避けるために、創業計画書で商品やサービスの価格を決めるとき、忘れてはならない鉄則があります。

この続きをみるには

この続き:1,324文字/画像2枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
一記事¥500です。知りたいところだけ「つまみ食い」して頂いても結構ですし「マガジン」で全四記事を一括購入して頂くと一記事あたり¥400になります。

沖縄で独立起業し経営コンサルタントをするにあたって作成した創業計画書を公開。セミナーや講演などの営業活動をしなくてもクライアント企業か...

または、記事単体で購入する

創業計画書の作りかた〜弊社の創業計画書公開:vol.3 自分の稼ぎかたを決める

築山 大

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます。記事の感想などもお聞かせください!
2

築山 大

沖縄で独立起業:創業計画書

沖縄で独立起業し経営コンサルタントをするにあたって作成した創業計画書を公開。セミナーや講演などの営業活動をしなくてもクライアント企業から仕事の依頼を頂き、広告宣伝費ゼロでもHPの検索順位は1位。全ては、起業時に作成した創業計画書を実行した結果でした。 誰でも辿り着くような当...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。