ひきこもりで月7万稼ぐロジック 銭ゲバ織田三郎note

http://archive.fo/3LDAz

自殺配信をした前田仁さん。ひきこもりという状況に絶望し死を選んだ男性。享年28歳。このニュースを聞いて俺は「・・もったいない」と思ってしまった。

それが率直な感想。

というのもホームページを読んでみると過去の俺と境遇がそっくりだった。俺の28歳の頃もドロドロのアパートでひきこもり生活。

行動範囲はコンビニとアパートくらい。インターネット環境なし、パソコンもなし、スマホもなし。金もなしのひきこもり。

インターネット環境が俺の頃はなかったので今よりもっと「可能性」はない状態だったと言ってもいい。

それでも月に7万以上稼いでた。そして家に金を毎月入れていた。

ひきこもりなんて一見詰んでるような状況だけどその状態から打開して行って家を建て今は資産3000万超えでもう人生あがりだと思う。

noteにも参入してみたが月50万以上稼ぐことが出来た。昔の苦労に比べたらかなり楽なツールだとも思った。

こんな一見「詰んでいる」状況からいくらでもでも打開は出来る。

四畳半の中だけで金を稼ぐことは可能。

これも多くの人間が持つ先入観や固定概念を打破していく方法でこの経験がネットナンパにも生きてる。

小銭儲けに興味がない人にも「固定概念を壊す」という意味では参考になる内容だと思います。金を稼ぐということの戦略的な概念を学びたい人にもお勧めです。ネットナンパにも通じる考え方です。

俺は「人生逆転」を一貫としたテーマとしてnoteを書いてるんだけどまさにこれも華麗な逆転劇であり映画のようなどんでん返しだと思う。

泥臭く20代を生き抜いた俺が「四畳半で稼ぐ」方法論(固定概念を破る方法)を書いて行こうと思う。

この続きをみるには

この続き:5,726文字

ひきこもりで月7万稼ぐロジック 銭ゲバ織田三郎note

odasaburo

1,980円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

5

odasaburo

メンヘラ脱出note

織田三郎のメンヘラ脱出noteです。どん底から這い上がった自身の精神疾患経験をもとに人生のQOLを上げる、心を楽にするヒントを主に書いています。医者やカウンセラーが教えてくれないことがここに在ります。
1つのマガジンに含まれています