#01 ウクレレトノサマ

ウクレレ4コマ時代劇『ウクレレトノサマ』は、2008年から2009年にかけてビッグコミック1(発行:小学館)に掲載されました。なぜウクレレ時代劇かというと、掲載誌のビッグコミック1は時代劇がテーマのマンガ雑誌で、作者はウクレレをテーマのマンガを描きたかったからです。なんというわかりやすさでしょう。
主人公のトノサマの顔はウクレレそのものです。ちなみにパイナップルタイプではなく、スタンダードタイプです。

「ウクレレ義太夫」は、落語の「寝床」みたいですね。レベルの低い素人芸は、人様の迷惑になるというオハナシです。
やはりトノサマのウクレレの腕前はひどかったようです。
ところで、人様の前で演奏をする(ウマいヘタの区別なく)と、著作権管理関連のスジから声がかかるそうですが、このマンガのような孤島での演奏の場合はどうなのでしょうか。
演奏曲目と、演奏時間と、会場の収容人数を明記して申告しなさい…などという文書が、こんな孤島まで届いたらこわいですね。
ポロロ〜ン♫

●これは全ページ公開の「投げ銭」スタイルのノートです。

この続きをみるには

この続き:0文字

#01 ウクレレトノサマ

おだ辰夫(ODA-SAN)

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

ウクレレトノサマ

2008年から2009年にかけてビッグコミック1(発行:小学館)に掲載された幻のウクレレ4コママンガです。

コメント2件

どうも画像投稿で思ったようにいかないので、今度はテキスト投稿でやってみた。有料だけど全ページ見られるようにしたかったけど、今はそうなっていない。もう少し調べてみる。
全ページ公開の「投げ銭」スタイルのノートになりました。うまくいかなかった原因は、編集画面で公開制限ラインを必死でドラッグしようとしていたからだった(笑)。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。