VRoid Studioを使ったみたレビュー

Pixivからキャラクターの3Dモデルが作成できる無料アプリVRoid Studioが8月3日に発表されました。
現在、Vtuberが流行している中で無料で提供するPixivさんのすごさが伺いしれます。
まずは簡単な操作説明の後に、レビューを書きます。

このNoteの目次
1.インストール不要ダウンロードしてすぐ使える
2.簡単なコマンドの説明(重要)
3.まずは顔から(顔編集)
4.髪型で美しさと可愛さとかっこよさが決まる
5.完成図
6.自作ケモミミを作ってやろーじゃないの!(おまけ)
7.
最後に笑顔をつくろう
8.使ってみた感想

追記2018.11.10ポージングが追加されたのでPV作ってみた

ダウンロードはこちらから
PixivのHP https://vroid.pixiv.net/

ダウンロードしたら、展開して

VRoidStudio.exeをクリックするだけ
簡単ですよね?

2.簡単なコマンドの説明(重要)

◆ カメラ操作
回転 右ドラッグ
移動 Shift + 左ドラッグ Space + 左ドラッグ
ズーム マウスホイール
◆ ショートカットキー
Windows
保存 Ctrl + S
元に戻す Ctrl + Z
やり直し Ctrl + Shift + Z
ヘア・ヘアグループ削除 Ctrl + backspace Ctrl + Delete(Ctrl + Deleteでもできます)
Mac
保存 Cmd + S
元に戻す Cmd + Z
やり直し Cmd + Shift + Z
ヘア・ヘアグループ削除 Cmd + Delete

カメラ操作に慣れることが最優先です!
でもやればすぐ慣れるので、楽しくなってきますよ!
慣れた頃によく使うのはヘア・ヘアグループ削除です
動かせば動かすほど上手になるので修正したくなりますw

VRoid起動!
するとサイズやグラフィックの変更が選択もできますが、
待て待て、初めてならすかさず【Play! 】をクリックです!

新規作成
ロード

という選択肢が出ますが、【新規作成】を選んでください。

※ロードについては、作成した3Dキャラクターを保存した場合のみ使える よ。もちろん自動で保存してくれないから気を付けて、バグって保存すると
後々困るからそれも要注意(私は髪の毛がキラキラ光る不具合にあったよw)

すると
「キャラ名を入力してはじめる」とでるので
名前を決めて
はじめる をクリック!
ロードする際に使う固有の名前だと思います(最後のエクスポートの際はこの名前だったかな??)

3.まずは顔から(顔編集)

左上の【顔編集】からはじめます。
まず、顔編集の下にある【デザイン】と【テクスチャ】についてですが、

【デザイン】については「大まかな大きさや角度」といったものでを変更できます。例えば、少女漫画みたいに目を大きくしたり、たれ目にしたり、
表情の変更はかなり豊富にできると思います!

【テクスチャ】については、眉毛の色や肌の色といった細部に関する変更ができます。
私はここで頬にチークをいれました(あるだけで可愛さアップ!)

お好みの顔ができたら次へ

4.髪型で美しさと可愛さとかっこよさが決まる

髪型編集を選択する

結構、ロードが重いので表示されるまで時間かかるので注意w

これは作成途中のものですがw
ここである用語説明は
左側
【プリセット】は作成した髪などを保存しておくことができます!(重要)
【ヘアーリスト】は手描きで作っていく内容が表示されます。

右側
【ヘアー】は文字通り髪色を選べます。
【テクスチャパラメータ】は横幅やハイライトの位置などが変更できます。
【ヘアーパラメータ】は髪の太さが変えられます。


では【手描きガイドを追加】をクリックしてください。
すると「手書きグループ1」が表示されましたね。
続いて、「丸い点」が出きました。

これをドラッグするとするとあみあみの四角がクネクネすると思います(超重要)

実は面に沿って髪の毛が流れるのです!!!(立体キャンパスですね)
あと、髪のふくらみも自由自在!

私の場合はボブカットぐらいの髪の長さで、丸くなるようにしたいので上記の画像のようにしました。ここでの作業がかなり重要です!


操作性としては上下左右どちらかをドラッグすれば、反対側も同様に動きます(しかし・・・)
多少ずれるので、バランスを取りながら、裏面も見ながら行います(一面的な視点じゃない…さすが3D)

5.完成図

できあがるとこんな感じです。わーいできたー!
キャラクターのモデルは私の作った じゅじゅ といいます。
(チークをいれていないのは内緒ね)

忘れてはいけないことは【保存】です
左上の ファイル → 保存 できます。
エクスポートする際はそちらをクリックしてください。
その際に、名前や作成者名、配布関係(他者の使用制限)などを設定できます(どの程度、設定できるのはわからないです・・・すみません)

ここで私が気にすることはこのキャラクターは実はクマ耳つけているのです。しかし、まだ動物耳は実装されていません…
今後のアップデートが待ちきれない…待ちきれないぞ


6.自作ケモミミを作ってやろーじゃないの!(おまけ)

ほんと待ちきれないわ!自分で作るわ!となった私の自作クマ耳奮闘記

まず考えたことが【手描きガイドを追加する】です
実は手描きは複数作成ができて、なおかつ共存できる!
これですよ!

ケモミミって つまり毛だよね うんイケる!

ケモミミ装着

ここでそこそこ苦労します
基本的には顔に沿った形を変形させるので【前後左右上下】の微調整が必要です。
頭頂部周辺を凹まして頭の中にINする(結合です)
あとはクマミミっぽく まるいお耳にするまで調整
そしてできたんです!(だが・・・・ここで不具合)

できたし、ちょっと休憩を取ろう
左上の保存をして、終了を押したのです。
事件が起こった…
「事件は会議室で起こっているんじゃない、目の前のPCで起こっているんだ!(泣)」

ん???肩から耳生えてる???

なぜこうなった???わからない
試行錯誤で頑張ったが、治らない・・・
その後、戻るボタンを連打したところ、側面の髪の毛がめっちゃ日光当たってるみたいにキラキラして・・・もうダメ・・・・作り直そう。

髪の毛とクマミミをもう一回つくる

髪の毛の流れをマスターした私は「生え際から一気に」髪を描く
するとキレイにできるのです。

そして、重要なことを話します!私のようになってはイケない!
私が今日学んだことは「保存→終了」をすると耳おかしくなる。

その改善策はプリセットとして保存をするです!
保存したい手描きグループを選択して、プリセットとして保存をクリックすると、保存されて、今後も使えるのです!

なんとかなった!

7.最後に笑顔をつくろう

もーここまでくるのにすごい時間かかったのですよー!
じゅじゅに怒ってもらいます!

本当によくできています
簡単な操作で喜怒哀楽を作ることができます!
上のタブ【撮影】をクリック(もうロードの長さに慣れた頃でしょう)

ここまで来た皆様には簡単に操作できるでしょう!

8.使ってみた感想

良い点
・お手軽にかわいい3Dキャラクターが作成できる
・操作自体は難しくないので、初心者でも使えると思う(作成だけなら)
・マウスでカチカチで簡単作成


改善点
・衣装が制服1択しかないので、今後を期待
・ポージングが1択しかないので、今後を期待
・すでにあるキャラクターを作成する場合には顔パーツが足りない
・瞳の色が選べると楽
・男性アバターも作成できれば良い
・動物耳…今後を期待
・ロードに時間がかかるのでストレスあり
・髪の毛の不具合が残念

では、楽しいVRoid Studioを体験してみてください!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

飯富AI太

総飲数420杯超えのドリンクブロガー/パワポ絵/健康や糖質制限が流行する中、あえて『ジュース』を飲む毎日糖質健康生活をしています!炭酸飲料が好きです!よろしくお願いします!LINEスタンプ販売中はこちらhttps://line.me/S/sticker/3569331
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。