noteを300日更新して挫折した結果発表

実は去年の3月頃から毎日note更新していまして、今年の1月にちょっとメンタル壊して途絶えるまで315日とか続けていたんですね。

で、毎月1日はその前の月の集計をとって、どれくらい反響があってどんな売上が立って、という情報を書いていたんです。

まぁ1月末〜4月頭まで不調でSNSから完全撤退していたので、その間の詳細なデータはダッシュボードの大まかな数字しかないのですが、毎日更新を途中で折れるとこんな感じというデータもこれはこれで貴重な気もするので後悔しておきます。じゃなくて公開しておきます。


どれくらいPV下がるのか

さて、更新途絶えてどうなったのかの話をする前に、そこまで300日くらい続けるとどんな感じだったかをお見せしましょう。

おぉ、結構順調に伸びてきている!!

って、これは単純にプラットフォームのnote側の伸びに乗っかっただけでして、実際のPVは初期に1回バズったあとはおおむね安定って感でした。

更新途絶える前の最後の方がこんな感じ。

これは毎日更新して300日に行くかどうかの頃です。月間8万PV近かった。

すごい伸びてるじゃん!もうちょっと頑張れば365日更新だったのに!もったいない!!!

なんて、今は元気だから思うのですが、当時はもう擦り切れる直前だったので無理ですね。最後の10回くらいは意地だけで更新してたし、内容のないものをつなぎあわせてた。本末転倒。

で、これが挫折するとどうなるかというと。。。

ほい来た。まぁ下がるよね、そりゃね。2ヶ月間の音信不通って、もはや失踪レベル。軽く死んだと思われていても仕方ない。

でもまぁ、ゼロにはならないんですよね。過去の書いて来たものだって、ちゃんと読まれている。スキもつけてくれてる。

続けてきたこと、積み上げてきたことって、そう簡単にはなくならない。

書いてきたことはゼロにならないっていうのは、良い意味でも悪い意味でも事実だなと実感しました。だから、今続けていられる人は、反応がなくてもちょっとがんばって続けてみるといいんじゃないかな?と思います。

だって、仮に続けられなかったとしても、そこまで続けた事実と軌跡は残ります。それは絶対にゼロじゃない。些細なものでも、確実な前進になるはずです。


僕が4月6日にほぼ50日ぶりくらいに復帰したnoteです。

2ヶ月間もSNSから完全離脱していたから、これ書くのはすごく勇気というかエネルギーが必要だったんですけど、書いてよかった。お会いしたことある人もない人も、たくさんの人がおかえりと言ってくれました。中にはサポートで投げ銭付きでメッセージをくれた方々も。

noteはクリエーターにとってのプラットフォームを目指すとCEOの加藤さんが仰っていましたが、ほんと僕にとってはプラットフォーム=基盤に近い場所になっています。

独立してフリーランスでやっているとずっと孤独なクリエイションが続くわけですけど、それでも毎日読みにきてくれる人や、仮に書けなくなっても待っていてくれる人がいるという安心感。

同時に、多方面に頑張りすぎて心配をかけてしまった申し訳なさと、家族もいる身ですしもうちょっと自分自身をいたわっていかなきゃなと思います。


で、復帰して4月6日からなんでまだ1ヶ月も書けていないのですが、直近4月でどんくらい戻したのかを置いておきますね。(ヘッダー画像で出しちゃってるけど)

なんと!一回10000PV切りそうなとこまで下がったのに、こんなに盛り返している!

まぁ、途中にtwitterでバズったやつ(下記)があったのもでかいですけど。

700fav超えと復帰してからでは一番伸びましたね。きっとみんな薄々思ってたってことだよね。ヘッダー画像は万年筆の試し書きの円で、もはやスケッチというよりスケッチ前の準備運動のやつですけど。

とにかく、今回戻ってこれてみなさんにはホント助けてもらったので、何かあったら今度は僕が元気を配れるようにがんばります!いや、がんばっちゃダメだな。がんばったらまた倒れそうだし。自然体でサクサク続けられるようリラックスしていきます。

そんなわけで、改めまして新元号になったわけですが、これからもよろしくお願いします。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートでnote内のクリエーターさんを応援!毎月末にイチオシの方を勝手に表彰&1000円サポート中🎉 あとはサポートでお酒や甘いもので妻や娘のごきげんとります。 twitterは @OFFRECO1 Instagramは @offreco_designfarm

明日の話は「エモ疲れ、してませんか?」
68

店舗設計士の日常

ステキなお店作りのヒントや、コツなどをプロ目線からお伝えします。インテリアデザイナーとして過ごす日々の出来事や趣味の話も。
1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。